サービス終了のお知らせ
コピーガード
▼人気記事ランキング
2.現在実用化されているコピーガード
2.2.音楽メディアなどに使用されているもの
前述の映像信号とは異なり、音声信号の場合は、アナログケーブルを使用しての複製は現在のところ無制限である。ここでは光ファイバーケーブルを用いたり、パソコンなどを用いて行うデジタル方式での録音・複製について紹介する。

SCMS(Serial Copy Management System)[編集]


SCMS(Serial Copy Management System)は、民生用のデジタルオーディオ機器(MD・DATなど)が装備するデジタルコピーの制御機構の1つ。詳細は当該記事を参照のこと。

HCMS(Hi-Speed Copy Management System)[編集]


HCMS(Hi-Speed Copy Management System)は、民生用の高速録音が可能なデジタルオーディオ機器(MD・CD-Rなど)が装備するデジタルコピーの制御機構。詳細は当該記事を参照のこと。

コピーコントロールCD[編集]


コピーコントロールCDの項目を参照のこと。


■ALPHA-AUDIO
Alpha-Audioは音楽CDに入っている音源ファイルの流出、ディスク自体の複製を防止するために開発されたソリューション。
セキュリティ強度によってタイプの設定が可能。

[4]前ページ
(2.1.ビデオなどに使用されているもの)
[6]次ページ
(2.3.フロッピーディスクに使用されているもの)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/05 20:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant