コシチュシュコの蜂起
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
コシチュシュコの蜂起(コシチュシュコのほうき、ポーランド語: Insurekcja ko?ciuszkowska)は、1794年ポーランド・リトアニア共和国で発生した、ロシア帝国プロイセン王国に対する反乱[1]。日本では伝統的にコシューシコの蜂起コシチューシコの蜂起という表記も用いられる。タデウシュ・コシチュシュコの主導の下、ポーランド・リトアニア共和国の残部とプロイセン領ポーランドで蜂起が起きた。1793年の第二次ポーランド分割によりポーランド支配を拡大するロシア帝国や親露派マグナートによるタルゴヴィツァ連盟と戦い、ポーランド・リトアニア共和国の復興を企図したが失敗に終わった。その結果、ポーランド・リトアニア共和国は最後まで残っていた領土も分割されて滅亡した。
目次
1.背景
├1.1.ポーランド・リトアニア共和国の衰退
├1.2.改革の試み
├1.3.第二次ポーランド分割
└1.4.不満の増大
2.蜂起
├2.1.初動の成功
├2.2.兵力不足と第一次ワルシャワ包囲
└2.3.コシチュシュコ捕縛と敗北
3.その後
4.脚注
5.関連項目
出典:Wikipedia
2019/05/18 11:02
ソ人気記事ランキング
2019/09/16 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位池田大作
 4位9月15日
 5位凪沢怜奈
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant