サービス終了のお知らせ
コンピュータウイルス
▼人気記事ランキング
1.概要
1.1.コンセプトウイルス
セキュリティホールに代表されるバグなどについての問題提起のため、技術的な実証実験に用いられるコンピュータウイルス。ハードディスクの内容を変更したり、データを消したりといった、危険な挙動はしないが、コンピュータに存在するセキュリティホールを利用して感染拡大する。技術的な問題点を知らしめるために、匿名の技術者が故意に漏洩させたり、一部のコンピュータウイルス製作者が、蔓延するかどうかを試す際にインターネット上で無差別に撒き散らされたりする事もあるが、稀に技術試験的な意味合いで製作された物が、予期せずインターネット上に流布されてしまう事がある。危険な挙動はしないとはいっても、リバースエンジニアリングによって、後から他のクラッカーなどにより、危険な機能を追加されて再配布される事もあり、これらコンセプトウイルスに感染し得るコンピュータは、更に悪質なウイルスに感染し易いといえる。

日本では1990年に、技術評論社の雑誌『The Basic』が、ウイルスについての技術解説記事として、原理を説明するために一部を具体的なソースコードとして掲載し物議を醸したことがあった。

[4]前ページ
(1.概要)
[6]次ページ
(2.公的な定義)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/30 18:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant