サービス終了のお知らせ
コンピュータ・アーキテクチャ
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
コンピュータ・アーキテクチャ: computer architecture)は、コンピュータ(特にハードウェア)における基本設計や設計思想などを意味する。アーキテクチャ建築)には、単に「建築物」以外に、設計や様式という意味があるが、それから転じて、コンピュータ分野においても使われるようになった。「設計思想」などと意訳されることもある。技術者や研究者の用語としては(企業ごとの用語の違いにもよるが)「方式」という語が使われることもある。
1964年のSystem/360で最初に使われた用語で、その際の意味としては、入出力インタフェースを含むコンピュータシステムのハードウェア全体(周辺機器自体は含まない)の、ユーザー(プログラマ、OSを設計するプログラマも含む)から見たインタフェースの定義であり、具体的には使用できるレジスタの構成、命令セット入出力(チャネルコントロールワード)などであり、実装は含まない。このアーキテクチャが同一のコンピュータ間や、上位互換のアーキテクチャを持つコンピュータへの移行や、上位互換の周辺機器への移行などは、ソフトウェアの互換性が原則として保証される。またハードウェアの内部設計や実装は、定義されたアーキテクチャを守る限り、技術の進歩に応じて自由に更新できる。この結果、コンピュータ・ファミリー(シリーズ)が形成可能となる。現在で言えばレイヤー定義であり仮想化の一種でもある。
また、システムアーキテクチャエンタープライズアーキテクチャソフトウェアアーキテクチャARMアーキテクチャなどの用語も増えている。
目次
1.分類
2.プロセッサのアーキテクチャと実装
3.コンピュータ設計上の観点
├3.1.コスト
├3.2.性能
└3.3.電力消費
4.歴史的観点
5.各部分要素のアーキテクチャ
6.脚注
7.参考文献
└7.1.学習用の参考図書や文献
8.関連項目
9.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/01/15 00:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant