サービス終了のお知らせ
コンビニコーヒー
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
コンビニコーヒーとは、日本台湾[1][2]コンビニエンスストアのレジカウンターで販売されるカップ入りのコーヒーである[3][4]
カウンターでカップを受け取り、自分で抽出するという方式から、カウンターコーヒーとも呼ばれ[5]カウンター商材の1つに位置付けられる[6]
1980年代よりセブン-イレブンが幾度となく導入しては撤退を続けており[7]2004年には台湾のセブン-イレブンが導入し[1][2]、2010年代からその他のコンビニエンスストア大手各社が導入し、普及した。提供方法は各社により異なるが、いずれも最低価格が100円程度で、コーヒーメーカーを使ってその場で抽出するようになっている。淹れたてならではの本格的な味わいや多彩なメニュー展開もあり、通勤客やカフェの主な客層である女性や若年層の支持を得て定着した[4][8][9]。サンドイッチやデザートなどの「ついで買い」も多いとされる[10]
目次
1.歴史
├1.1.日本
└1.2.台湾
2.影響
3.評価
4.販売
├4.1.街ナカ
└4.2.駅ナカ
5.出典
出典:Wikipedia
2020/02/10 19:35
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant