サービス終了のお知らせ
コンビニエンスストア
▼人気記事ランキング
2.日本のコンビニエンスストア
2.8.チェーン本部による従業員への「指導」
コンビニエンスストア・チェーンにおいては、店舗の内装や品揃え・在庫状況に加え、接客態度や店内の清掃状況などといった雰囲気に含まれる事柄までを含めて、「コンビニエンスストア」という商品の範疇として扱う。また基本的には同一社のチェーン店ならば全国どこの店舗であっても同様の商品やサービスが同様の手順で購入・利用できるようにシステムが設定され、またその様に接客対応できる事が要求される。

そのため、チェーン本部では、各フランチャイズ店にPOSシステムで集計された売れ筋情報(データマイニング)を配慮した品揃えを求めたり、接客対応のマニュアル化や、店舗設備の効率化を推し量った上での内装の決定を行ったりしている。また、各フランチャイズ店を定期的に見回り、本部の方針を伝えたり、本部への意見を聴取したり、あるいは仕入れ・販売・接客技術の指導を行う専門の社員(スーパーバイザー)が存在する。

大手チェーンの場合、店舗の雰囲気や商品陳列、店内設備の状況も本部によるチェックと指導の対象となる。実際、店内における売り場の配置はもとより、1つの什器の中での商品陳列順さえ本部側が権限を握っており、新商品の発売予定がある毎に店側にペーパー配布などの形で指示がされる。それ以外にも、季節ごとにペーパー配布などの形で棚替えと呼ばれる作業を行わなければならない。さらにチェーンによっては、店頭のPOP広告の掲示方法、トイレの臭気、店舗フロアの床(蛍光灯LED)の光沢度、駐車場雑草舗装塗装の状態など数多くの項目で事細かな基準が設けられており、本部社員や本部指定の外注業者によってメンテナンスや定期的な機械計測が行われ、本部からの「指導」という形でフランチャイズ店舗のオーナーに修繕や交換などが指示される場合もある。

服装に関するマニュアルの例[編集]


過度な染髪ヒゲピアスイヤリングネックレスマニキュア、つけ爪、指輪時計香水ブレスレットヒールサンダルマスクが禁止という一般正社員と比べても厳しい規定となっており、ほぼコンビニ各社で共通となっている。

店長や本部社員、客からクレームが入った場合、初回は注意や改善指導程度であるが、何回も繰り返されると解雇となる場合もある。

清掃に関するマニュアルの例[編集]


駐車場に吸い殻、ゴミ雑草がないか。近隣まで清掃されているか。
灰皿公衆電話は清潔か。のぼり旗に汚れや色褪せはないか。傘立ては出しっ放しになっていないか。
店頭にガム跡がないか。軒下に蜘蛛がないか。
ガラス面に指紋やテープ跡がないか。店頭・店内マットに汚れはないか。ステッカーやポスターに劣化はないか。各種ポスターはライン下に貼られているか。
ゴミはあふれていないか。犬走りは清掃されているか。
床にガム跡はないか。カウンター内の床も清掃されているか。
トイレ床面・壁面・便器・換気扇・手洗いに汚れはないか。
棚板に汚れはないか。霜取りはできているか。
液晶画面に汚れはないか。
カウンター上が整理されているか。
フライヤーや換気扇に汚れはないか。
エアコンのフィルターに汚れはないか。

接客に関するマニュアルの例[編集]


「新商品いかがですか」など、おすすめ商品の声かけができている。
身だしなみのチェックポイントは、いつも達成している。
お客様入店時には、いつもはっきり聞こえる声で、笑顔で明るく挨拶している。
通路でお客様とすれ違う時はいつも会釈をし、はっきり聞こえる声で、笑顔で明るく挨拶している。
レジ接客時には、いつもはっきり聞こえる声で、笑顔で明るく挨拶している。
レジ接客時には、いつもアイコンタクトができている。
会計の最初と最後の挨拶時には、30度以上のお辞儀をいつもしている(ファミリーマート)。
会計終了後(退店時)に、いつもはっきり聞こえる声で、笑顔で明るく挨拶している。
商品のレジ登録前に「ポイントカードはお持ちですか」と声かけしている。
ポイントを保有しているお客様に「ポイントはご利用になりますか」と声かけしている。
ポイントカードは、スリット後すぐにお返ししている。
温かいものと冷たいもの、濡れると困るもの、食品と日用品は分けて袋詰めしている。
お釣りを、両手で丁寧に渡している。
レシートは、全てのお客様に渡している。
お客様にレジ袋や商品を両手で丁寧に渡している。
会計待ちのお客様に対し、迅速なレジ誘導と丁寧な声かけをしている。
お客様が店内にいる状況で、おしゃべり(雑談)をしていない。
「少々、お待ち下さいませ」「お待たせ致しました」など、丁寧な言葉遣いで応対している。
売り場に出た時は、前だし・顔出しを積極的にしている。
オープンケース(米飯・調理麺・サラダ)が品薄の時は、前だし・中央寄せをしている。
フライドフード什器に汚れがあれば、すぐに清掃している。
フライドフードの先入れ先出しを実施し、販売期限内の商品を陳列している。
ゴミ箱のゴミ回収は、率先して実施している。または、指示を出している。
売り場、店頭にゴミが落ちていた場合は、拾っている。
フランチャイズ店の販売データ・経理情報も各店舗に設置されているPOSシステムとストアコンピュータを通じてチェーン本部に集約されており、経営に不慣れなオーナーをサポートすることもある。この中には融資業務を含める所もあり、各店舗には地域担当者が巡回して経営状況を逐次チェックしている。

[4]前ページ
(2.7.経費面)
[6]次ページ
(2.9.歴史)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/10 19:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant