コロンビア大学
▼人気記事ランキング
10.その他
毎年5月、コロンビア大学の卒業式を記念して、当日の夜、エンパイア・ステート・ビルディングがスクールカラーのコロンビアブルーと白にライトアップされる。
現在10ドル紙幣に肖像画が描かれているアレクザンダー・ハミルトンは、キングズ・カレッジ時代の卒業生。
第83回アカデミー賞の長編ドキュメンタリー部門を受賞した映画『インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実』(2010年)では、世界不況の遠因を作ったとされるエコノミストや経済学者が、責任を追及されないままコロンビア大学のビジネス・スクールに教授陣として就任していることが描かれている。
トリヴィア(Trivia)という言葉は、1960年代、カレッジの学生であったEd GoodgoldとDan Carlinskyが「College Bowls」という大学間クイズ・コンテストを創設した際、使用し一般化したものである。
65名の歴史学者の評価による「歴代合衆国大統領ランキング」(2017年11月C-SPAN発表)に拠ると、歴代43人(調査時点)の大統領のうちコロンビア大出身者は、フランクリン・ルーズベルト(3位)、セオドア・ルーズベルト(4位)、ドワイト・アイゼンハワー(5位)、バラク・オバマ(12位)であった。ちなみに、1位は、アブラハム・リンカーン、2位は、ジョージ・ワシントンであった。
1965年ノーベル物理学賞を受賞したリチャード・P・ファインマンは、コロンビア・カレッジを受験したが、1930年代当時アイヴィーリーグを中心に設けられていた「ユダヤ人学生上限枠」のため、不合格となり、MITに入学した。
米国初のスポーツ試合のテレビ中継は、1939年5月17日にNBCテレビによりコロンビア大学キャンパスで行われた対プリンストン戦の野球試合であった。
ロバート・サーマン教授(インド/チベット仏教研究)は、米国人初のチベット仏教僧の資格者で、彼の娘は、女優のユマ・サーマン
アラスカ州のコロンビア氷河とコロラド州のマウント・コロンビアは、コロンビア大学の名称から命名された。
メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)映画のライオンは、1928年、当時の副社長(ジャーナリズム・スクール在籍)がコロンビア大学のマスコットからヒントを得て、採用した。
メディカル・スクールの学生ラウンジには、ラフマニノフが使っていたとされるグランドピアノがある。
モーニングサイド・キャンパスの地下にトンネル網が張巡らされており、各建物が地下で繋がっている。その規模は、モスクワのクレムリン宮殿、MITに次いで世界3位とされている。
エックス線の発見で第一回ノーベル物理学賞(1901年)を受賞したヴィルヘルム・レントゲンは、コロンビア大学物理学科教授就任のためニューヨーク行きの船の切符購入直後、第一次世界大戦が勃発し、渡米できなくなり、断念した。
1923年、電気素量の計測と光電効果の研究によりノーベル物理学賞を受賞したロバート・ミリカンは、カリフォルニア工科大学の創設に貢献し、同校初代学長を務めた。
1939年8月、物理学者レオ・シラードナチスドイツが先に原子爆弾を開発することを危惧し、アルベルト・アインシュタインを説得しフランクリン・ルーズベルト大統領宛の手紙を依頼した。(アインシュタイン=シラードの手紙)これがきっかけとなり、マンハッタン計画がスタートした。この手紙とは別に、1945年3月にアインシュタインはシラードの求めに再び応じてルーズベルト大統領への二度目の手紙として紹介状を書いている。シラードはこれに付随するものとして日本に対する原爆使用の懸念と、それによる戦後の核開発競争への懸念が表明された覚え書きを執筆したが、ルーズベルトの急死によりそれが読まれることはなかった。
共鳴法による原子核磁気モーメントの測定法の発見により、1944年、ノーベル物理学賞を受賞したイジドール・イザーク・ラービは、ブルックヘブン国立研究所およびCERN(欧州原子核研究機構)の創設に主導的役割を果たした創設者の一人でもある。
異邦人』(1942年)や『ペスト』(1947年)等の代表作で1957年ノーベル文学賞を受賞したアルベール・カミュは、1946年のコロンビア大学での講演で、現代に蔓延する物質崇拝に警鐘を鳴らした。
コロンビア大学医科大学院教授(疫学)Myrna M. Weissmanの夫は、遺伝情報の解読とそのタンパク質合成への役割の解明で1968年ノーベル生理医学賞を受賞したマーシャル・ニーレンバーグである。
1973年ノーベル平和賞を受賞したヘンリー・キッシンジャーは、1977年、フォード政権の退陣と共に国務長官を退任した。その際、コロンビア大学からの教授就任の誘いを受諾したが、学生の激しい反対運動に遭い、就任を断念した。
1977年、放射線免疫測定技術の開発でノーベル生理医学賞を受賞したロサリン・ヤローは、ニューヨーク市立大学在学中にコロンビア大学生化学部長ルドルフ・ショーエンハイマーと生化学者マイケル・ハイデルバーガー(1967年アメリカ国家科学賞受賞者)の秘書を務めたことがある。彼女は、女性として初のガードナー国際賞(1971年)の受賞者でもある。
元経済学科教授カール・ポランニーの甥は、化学反応素過程の動力学的研究への貢献により1986年ノーベル化学賞を受賞したジョン・ポラニーである。
1996年ノーベル経済学賞を受賞したウィリアム・ヴィックリーは、1950年シャウプ使節団のメンバーとして来日、シャウプ勧告に貢献した。当時は、コロンビア大学経済学科講師であった。
ジョージ・ワシントン(アメリカ合衆国初代大統領)は、1789年5月16日、大統領就任式の翌週にコロンビア大学卒業式に来賓として出席した。義理の息子のJohn Parke Custisは、キングスカレッジ(コロンビアカレッジの旧称)中退者である。
コロンビア大学(旧称キングス・カレッジ)は、植民地時代、全米で英国国王の勅許によって設立された二つの大学の一つである。もう一校は、バージニア州ウィリアム・アンド・メアリー大学(1693年創立)である。
アルフレッド・ヒッチコックは、1939年のコロンビア大学での講義で、自身の映画を説明するときにしばしば使った『マクガフィン』という言葉の意味を説明した。
[4]前ページ
(9.フィクションに登場したコロンビア大学)
[6]次ページ
(11.脚注)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/14 03:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/19 更新
 1位日本
 2位2000年
 3位軽井沢スキーバス転落事故
 4位賭博黙示録カイジ
 5位平清香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant