コロンビア大学
▼人気記事ランキング
9.フィクションに登場したコロンビア大学
映画「ゴーストバスターズ」(1984年)の主人公(ビル・マーレイダン・エイクロイドハロルド・ライミス)は、コロンビア大学「超心理学部」の研究者という設定。実際にキャンパスで撮影された。撮影が行われた建物には 現在「行動心理学科」が入っている。
映画「ゴーストバスターズ」(2016年)のエリン・ギルバート(クリステン・ウィグ)は、コロンビア大学に物理学者として勤務しているという設定。
映画「スパイダーマン2」のスパイダーマンは、コロンビアの学部生。実験室で遺伝子操作を受けた蜘蛛に噛まれてスパイダーマンに変身する。一部シーンがモーニングサイドハイツ・キャンパスで撮影された。
映画「アニー・ホール」には、コロンビア大学で映画理論を講じているという男が浅薄な教養をひけらかすインテリの代表として登場する。
映画「卒業」の主人公ベン(ダスティン・ホフマン)は、コロンビア大学院に入学予定という設定。テーマソングの「サウンド・オブ・サイレンス」と「ミセス・ロビンソン」を作詞作曲したのはデュオ「サイモン&ガーファンクル」。アート・ガーファンクルはコロンビア大学で建築学を専攻していた。
映画「いちご白書」の著者および主人公は、コロンビアの学部生。
映画「マラソンマン」の主人公ベーブ(ダスティン・ホフマン)は、コロンビアで歴史学専攻の大学院生。
映画「ケイン号の叛乱」の主人公ウィリー・キースは、第二次大戦中、コロンビア学部在学中に海軍に志願入隊する。
映画「クイズ・ショウ」の主人公は、実在したコロンビア英文学部講師(Charles Van Doren)がモデル。
映画「小説家を見つけたら」は、コロンビア大学の聴講生だった作家サリンジャーがモデル。
映画「ザ・ロック」の主人公スタンリー・グッドスピード博士(ニコラス・ケイジ)は、コロンビア大学部卒。
映画「マンハッタン・ラプソディ」の主人公(バーブラ・ストライザンド)は、コロンビア大教授。
映画「10日間で男を上手にフル方法」のAndie Anderson(ケイト・ハドソン)は、ジャーナリズム大学院了。
映画「ルイーズに訪れた恋は…」の主人公ルイーズ・ハリントン(ローラ・リニー)はコロンビア大学の入学審査担当職員、彼女の恋人 スコット・ファインスタウト(トファー・グレイス)は大学院受験生、前夫ピーター・ハリントン(ガブリエル・バーン演じる)は物理学部教授である。物理学部の屋上にあるラザフォード天文台がロケに使用された。
映画「夫たち、妻たち」の主人公(ウッディ・アレン)は、バーナードカレッジの教授で、教え子の女学生と恋に陥る。
映画「ニューヨーク・ミニット」の主人公ジェーンは、性格が全く正反対の双子姉妹の姉。憧れのコロンビア大学を目指して奨学金試験を受験するためニューヨークへ向かう。
映画「Real Women Have Curves」の主人公アナは、ストーリーの最後に晴れて奨学金を得て、コロンビア大学に入学する。
映画「I Think I Love My Wife」のRichard Cooper(Chris Rock)は、ビジネススクール了。
映画「最後の恋のはじめ方」の主人公Alex Hitchinson(Will Smith)は、コロンビア卒。バトラー図書館がロケに使われた。
映画「打撃王 (映画)」は、ルー・ゲーリッグ(コロンビア学部卒)の伝記映画。
映画「17歳の処方箋」(Igby Goes Down)の主人公Igbyaの兄は、コロンビア大生。
映画「The Sisterhood of the Traveling Pants」のEricは、コロンビア大生。
映画「恋する履歴書」のアダム・デイヴィスは、ロースクールに入学する。
映画「マイファミリー・ウェディング」の主人公マーカス・ボイドは、コロンビア大医学部卒。ボランティアとしてラオスに行く予定。
映画「マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ」マギーの恋人で人類学者ジョン・ハーディングの妻は、コロンビア大教授。
映画「ビリーブ 未来への大逆転は、現役且つ米国史上二人目の女性アメリカ合衆国最高裁判所判事、ルース・ベイダー・ギンズバーグの半生をモチーフとしている。
映画『夜の蝶』(1957年(昭和32年)、大映、原作川口松太郎)の主人公、白沢一郎(演じたのは山村聡、コロンビア大学卒の前国務大臣。イラン石油輸入権を持ち政界に多大な力を持つ富豪の実業家)のモデルは白洲次郎である。
テレビシリーズ「ロー&オーダー」の検事ジェイミー・ロスは、ロースクール了。
インド映画「Ta Ra Rum Pum」のヒロイン(ラーニー・ムカルジー)は、音楽を専攻するコロンビア大学部生の設定。
テレビシリーズ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」の メドウ・ソプラノは、コロンビア学部生。
テレビシリーズ「ふたりは友達? ウィル&グレイス」の主人公ウィルとグレースは、二人ともコロンビア卒で、学部時代に初めて知り合う。
テレビシリーズ「LOST」のJack Shephard(マシュー・フォックス演じる)は、コロンビアの医科大学院了。
テレビシリーズ「恋するマンハッタン」の姉役Valerie Tylerはコロンビア卒。
テレビシリーズ「たどりつけばアラスカ」の主人公Dr.Joel Fleishman(Rob Morrow演じる医者)は、コロンビア卒。
テレビシリーズ「愉快なシーバー家」のCarol Seaver(Tracy Gold演じる)は、コロンビア学部生。
テレビシリーズ「NIP/TUCK マイアミ整形外科医」のDr.Erica Noughtonは、コロンビアで臨床心理学博士号取得。
テレビシリーズ「Saved By The Bell」のJessie Spanoはコロンビア大生。
テレビシリーズ「ママと恋に落ちるまで」のMarshall Eriksenは、ロースクール在校生。
テレビシリーズ「キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き」の主人公は、コロンビアの学生。
テレビシリーズ「ザ・ホワイトハウス」の主席報道官は、後に、コロンビア大学教員に就任する。
テレビシリーズ「コミ・カレ!!」の主人公は、コロンビア大学卒であると学歴詐称する。
テレビシリーズ「CSI:マイアミ」のティム・スピードル (Tim "Speed" Speedle) / ロリー・コクレーン (声:竹田雅則): 足跡の発見・分析を得意とする。フロリダ州立大学アメリカンフットボールのクォーターバックとして活躍したが、怪我の為に断念、コロンビア大学で生物学の学位を取得し、CSIに加入した。愛称は「スピード」。
テレビシリーズ「ゴシップガール」は、セシリー・フォン・ジーゲザーの小説を原作とした米国のテレビドラマ。主人公セリーナ・ヴァンダーウッドセン(ブレイク・ライブリー演じる)〔声:甲斐田裕子〕とその友人ブレア・ウォルドーフ(レイトン・ミースター演じる)〔声:弓場沙織〕、ネイト・アーチボルド(チェイス・クロフォード演じる)〔声:中川慶一〕は、シリーズ4で、コロンビア大学に進学する。
テレビシリーズ「医龍-Team Medical Dragon-」の霧島軍司は、コロンビア大学付属病院胸部心臓外科客員教授。
テレビシリーズ「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」の登場人物、Derek Shepard 医師とMark Sloan 医師は、二人ともコロンビア大学医科大学院了。
テレビシリーズ「Dr.HOUSE」のEric Foreman 医師は、コロンビア大学部卒、また、James Wilson 医師は、コロンビア大学医科大学院了。
テレビシリーズ「モダン・ファミリー」のMitchell Pritchettは、コロンビア法科大学院了。
テレビシリーズ「名探偵キャサリン」(山村美紗の推理小説「キャサリンシリーズ」を原作としたテレビシリーズのヒロインキャサリン・ターナーは、米国副大統領のひとり娘でコロンビア大出身のビジネスウーマンで、浜口一郎は、同大留学経験者。
テレビシリーズ「嫉妬の香り」(辻仁成の小説を原作としたテレビドラマシリーズ)の萩原智恵子は、クロードブランシュの社長令嬢で、コロンビア大MBA。
テレビシリーズ「名探偵御手洗潔シリーズ」『摩天楼の怪人』では、20歳そこそこの若さでコロンビア大助教授となる。
テレビシリーズ「せいせいするほど、愛してる」(原作漫画北川みゆき)の主人公三好海里は、コロンビア大でMBA取得。
テレビシリーズ「アンブレイカブル・キミー・シュミット」の主人公キミ―は、コロンビア大に進学する。
テレビドラマシリーズ「ラストホープ」の登場人物 大森真治は、コロンビア大の遺伝子研究者であった。
テレビドラマシリーズ「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」の藤堂誠(あおば市議会議員)は、コロンビア大留学経験者。
テレビアニメシリーズ「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」のヒロイン菅生あすか(声:三石琴乃)は自動車メーカー『スゴウ』の社長令嬢。コロンビア大学への編入試験に合格し、最終戦終了後に医者への道を志し渡米する。
韓国のテレビシリーズ「シークレット・ガーデン (テレビドラマ)」の主人公 Kim Joo-wonは、コロンビア大卒。
マーベル・コミックデアデビル」の主人公は、ロースクールを首席で修了。
マーベル・コミックの「プロフェッサーX」ことFrancis Xavierは、コロンビア大学で人類学博士号取得の設定。
小説『陪審法廷』(楡周平作)の主人公牧田研一(被告)の弁護士デニス・ロビンソンは、コロンビア大学卒。
小説「プラダを着た悪魔」のリリーは、コロンビア大学でロシア文学を専攻する大学院生。
小説『ショーン・ディロン』(ジャック・ヒギンズ作)の登場人物ハリー・パーカーは、コロンビア大学卒のニューヨーク市警刑事。殺人捜査班のチーフであり、パソコンの専門家でもある。
小説「The Blindfold」(2008年Siri Hustvedt著)のヒロインは、コロンビア大学院生。
小説「The Au Pairs」(Melissa de la Cruz著)のMara Watersは、ダートマスを蹴ってコロンビアに入学する。
大沼紀子の小説「真夜中のパン屋さん」の主人公、暮林陽介は、コロンビア大学院了。NHK BSプレミアムでテレビ化された。
楡周平の小説陪審法廷に登場する弁護士デニス・ロビンソンは、コロンビア大卒。
伊達邦彦(だて くにひこ)は、日本ハードボイルド推理作家大藪春彦が著したアクション小説群に登場する架空の人物スパイで、コロンビア大学の博士課程を中退した。
ボーン・コレクター (小説)に登場するメル・クーパーの恋人グレタは、コロンビア大学高等数学科教授である。
西村京太郎の推理小説に登場する探偵左文字進(さもんじ すすむ)は、コロンビア大学で犯罪心理学を学んだ。
至道流星のライトノベル「羽月莉音の帝国」に登場する「宋」は、北京大、東大、コロンビア大学院で学んだスーパーエリート。
成田美名子の漫画『ALEXANDRITE』(アレクサンドライト)は、コロンビア大学が舞台である。
氷川へきるのアニメぱにぽにの登場人物レベッカ宮本は、10歳でコロンビア大学の博士号を取得したという触れ込みで桃月学園に赴任してきた超天才でハーフのちびっこ先生。しかし、コロンビア大学の博士号を取得したというのは嘘で、本当はMIT (マサチューセッツ工科大学) で学位を3つ取得しただけ。
吉田秋生の漫画「カリフォルニア物語」の登場人物スウェナ・ランバートは、コロンビア大学に進学する。
樹なつみのアニメ「花咲ける青少年」の登場人物ユージィン・アレキサンドル・ド・ヴォルカンは、コロンビア大学に留学中である。
宮川匡代の漫画「林檎と蜂蜜」(りんごとはちみつ)の登場人物、大西 朋生(おおにし ともき)は、再び弁護士を目指すことを決意、会社を辞めコロンビア大学に入学し勉強し直す。
コンピュータゲーム『グランド・セフト・オート』『グランド・セフト・オートIII』『グランド・セフト・オート・アドバンス』『グランド・セフト・オート・サンアンドレアスグランド・セフト・オート・リバティーシティ・ストーリーズ』『グランド・セフト・オートIV』『グランド・セフト・オート・チャイナタウンウォーズ』に登場するリバティーシティは、アメリカ合衆国架空の大都市。モデルはニューヨーク市、唯一の大学Vespucci Universityは、コロンビア大学がモデルである。
そのほか、キャンパスで撮影された映画の例:

[4]前ページ
(8.4.伝統行事)
[6]次ページ
(10.その他)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/20 21:02
ソ人気記事ランキング
2020/01/20 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位賭博黙示録カイジ
 5位軽井沢スキーバス転落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant