サービス終了のお知らせ
コードウェイナー・スミス
▼人気記事ランキング
4.作品リスト
4.2.「人類補完機構」シリーズ(短編)
『鼠と竜のゲーム』 (The Best of Cordwainer Smith 1975):短編集
「序文」ジョン・J. ピアス(編者、John J. Pierce)
「スキャナーに生きがいはない」(報いなき栄光、Scanners Live in Vain)
「星の海に魂の帆をかけた少女」(星の海に魂の帆をかけた女、The Lady Who Sailed The Soul):ジュヌヴィーヴ・ラインバーガー (Genevieve Linebarger)と合作
鼠と竜のゲーム」(The Game of Rat and Dragon)
「燃える脳」(The Burning of the Brain)
スズダル中佐の犯罪と栄光」(スズダル艦長の罪と栄光、The Crime and the Glory of Commander Suzdal)
「黄金の船が…おお! おお! おお!」(Golden the Ship Was...Oh! Oh! Oh!):ジュヌヴィーヴ・ラインバーガー (Genevieve Linebarger)と合作
「ママ・ヒットンのかわゆいキットンたち」(Mother Hitton's Littul Kittons)
「アルファ・ラルファ大通り」(Alpha Ralpha Boulevard)
『シェイヨルという名の星』 (The Best of Cordwainer Smith 1975):短編集
「人類補完機構年表」(Timeline from The Instrumentality of Mankind)
「コードウェイナー・スミスのこと」:ロジャー・ゼラズニイ (Roger Zelazny)
「クラウン・タウンの死婦人」(The Dead Lady of Clown Town)
「老いた大地の底で」(Under Old Earth)
「帰らぬク・メルのバラッド」(ク・メルのバラード、The Ballad of Lost C'mell)
「シェイヨルという名の星」(シェイヨルという星、A Planet Named Shayol)
『第81Q戦争』 (The Instrumentality of Mankind 1979):短編集
「人類補完機構年表」(Timeline from The Instrumentality of Mankind)
「序文」:フレデリック・ポール(Frederik Pohl)
「第81Q戦争」(War No.81-Q):Karloman Jungahr 名義
「マーク・エルフ」(Mark Elf)
「昼下がりの女王」(午後の女王、The Queen of the Afternoon)
「人びとが降った日」(When the People Fell)
「青をこころに、一、二と数えよ」(Think Blue, Count Two)
「大佐は無の極から帰った」(The Colonel Came Back from the Nothing-at-All)
「ガスタブルの惑星より」(From Gustible's Planet)
「酔いどれ船」(Drunkboat)
「夢幻世界へ」(No, No, Not Rogov!)
「西欧科学はすばらしい」(Western Science Is So Wonderful) :人類補完機構以外の短編
「ナンシー」(Nancy/The Nancy Routine) :人類補完機構以外の短編
「達磨大師の横笛」(The Fife of Bodidharma) :人類補完機構以外の短編
「アンガーヘルム」(Angerhelm) :人類補完機構以外の短編
「親友たち」(The Good Friends) :人類補完機構以外の短編
[4]前ページ
(4.1.「人類補完機構」シリーズ(長編))
[6]次ページ
(4.3.「人類補完機構」シリーズ(短編集未収録))
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/01/09 15:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant