サービス終了のお知らせ
コーデック
▼人気記事ランキング
2.データ圧縮・伸張を行うコーデック
2.2.音声圧縮のコーデック
音声圧縮のコーデックには、人間の発声を主な対象とし符号化を行う音声帯域向けのコーデックと、それに限定せず音楽なども対象としたコーデックとがある。前者は人の発声の特性を利用しているため、後者よりも低い符号化レートで音声の符号化が可能である。

音声帯域向けのコーデックの代表的なものでは、ITU-Gシリーズ勧告の各種コーデック(下記)が携帯電話IP電話などで広く利用されており、音声を4〜13kbps程度に圧縮している。音楽も対象としたコーデックの代表的なものでは、1990年代前半に登場したミニディスク (MD) に用いられているATRACや、1990年代末頃からPCオーディオで広く浸透しはじめたMP3がある。例えば、128kbpsのステレオ音声の圧縮オーディオではコンパクトディスク (CD) に比べて1/10以下に圧縮されている。これらは、元の音声には完全には復元できない非可逆圧縮方式を用いている。

一方で、近年、記録メディアの容量が飛躍的に増加したことで、データサイズは大きくなるものの、まったく劣化を生じさせない可逆圧縮を用いたコーデックも増えてきている。こちらはおおむね6割から7割程度の圧縮が行える。

圧縮しないコーデック[編集]


LPCM - 音楽CDDVD-Video/AudioBlu-ray Discなどで採用されている

可逆圧縮・非可逆圧縮が選択できるコーデック[編集]


Windows Media Audio (WMA) - Windows Media Playerに搭載されているコーデック
Dolby Digital Plus - ドルビーデジタルプラス (DD+)
DTS-HD Master Audio - DTSが開発したDTSの拡張規格。BDに採用されている。
WavPack - 可逆モード、非可逆モード、そしてユニークなハイブリッドモードを備えている

非可逆圧縮のコーデック[編集]


ADPCM - ドリームキャストなどに使用されたコーデック
AC-3 - ドルビーデジタル
AMR - NTTドコモFOMA携帯電話VoLTEで使用されている
AMR-WB+ - 市町村防災行政無線で使用されている
aptX - BluetoothにおけるA2DPで使用されている
ATRAC - ミニディスク (MD)SDDSで採用されているコーデック
ATRAC2
ATRAC3 - MDLPで採用されているコーデック
ATRAC3plus - Hi-MDUMDで採用されているコーデック
DivX Audio - WMAの海賊版
DSP Group TrueSpeech
DRA - 中国企業が開発したコーデック
DTS
EVS - 携帯電話のVoLTE(HD+)で使用されている
Ghost
GSM - IP電話や、GMS方式の第2世代移動通信システム(携帯電話)で使用されている
Indeo Audio
ITU-Gシリーズ勧告により国際規格化されたコーデック
G.711(μ-law) - 公衆交換電話網ISDNの音声通話・IP電話Skypeなどで使用されている
G.722.1 - 三菱電機市町村防災行政無線で使用されている
G.723
G.726 - PHSや、DECT方式のコードレス電話で使用されている
G.729 - IP電話と、G.729aがNTTドコモのmovaハイパートーク・Skypeなどで使用されている
MPEGオーディオ用コーデック
AAC - iPod着うた、ヨーロッパのDVD、またBSデジタル放送地上波デジタル放送等で使用されているコーデック
HE-AAC - ワンセグ着うたフル等で使われているコーデック
MP1
MP2 - 多くのMPEG1が使用しているコーデック
MP3 - オーディオ機器など幅広く使用されているコーデック
Mp3PRO HE-AACと同様の技術であるSBRを使用したMP3。
Mp3Surround マルチチャンネル対応版
MP3#mp3HD 可逆圧縮に対応版。従来のMP3のストリームも格納される。
Musepack (MPC)
SBC - BluetoothにおけるA2DPの標準コーデックとして使用されている
Vorbis - パテントフリーでオープンソース開発のコーデック。GoogleのWebMで採用。
QDesign Music
Real Audio
Speex - オープンソースの音声帯域向けのコーデックで、Oggプロジェクトにも採用されている
TwinVQ
SoundVQ - YAMAHAの開発したコーデック
XVD Audio
UEMCLIP - ITU-T G.711の電話音声符号化の標準方式を拡張し、高音質な広帯域音声での通信を可能にする符号化方式、NTT研究所で開発された技術

可逆圧縮のコーデック[編集]


AAL (ATRAC Advanced Lossless) - 非可逆圧縮部分を内包し、用途に応じて取り出して利用する。
Apple Lossless(Apple Lossless Audio Codec、Appleロスレス) - iTunesQuickTimeなどに搭載されているコーデック
MLP または Packed PCM - Dolby Digitalの派生。DVD-AudioやDolby Digital Plusに採用されている。
MPEG-4 ALS (MPEG-4 Audio Lossless) - 国際標準規格
DTS-HD - Blu-ray DiscHD DVD向けのコーデック
FLAC (Free Lossless Audio Codec) - オープンソースで開発され、Oggプロジェクトの可逆圧縮用途にも採用されているコーデック
Monkey's Audio - フリーウェアながら、高い圧縮と平易な操作を実現
TTA (The True Audio)
TAK (Tom's lossless Audio Kompressor)
Dolby TrueHD
[4]前ページ
(2.1.画像圧縮のコーデック)
[6]次ページ
(2.3.動画圧縮のコーデック)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/07 13:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant