サービス終了のお知らせ
コーエー
▼人気記事ランキング
概要
コーエーテクモホールディングス > コーエーテクモゲームス > コーエー 株式会社コーエー(登記上の商号:株式会社光栄、: KOEI Co., Ltd.)は、かつて存在したパソコンゲーム・開発ツールおよび家庭用ゲーム機のゲームソフト開発会社である。光栄KOEIのブランド名でも知られる。1978年創業[2]。2010年に同業のテクモと合併し、コーエーテクモゲームスとなった。

歴史[編集]

元々は染料および工業薬品の問屋であったが、1980年に創業者の襟川陽一がゲーム開発に興味を示し業種転換した。2009年4月にテクモと経営統合を行い、コーエーテクモホールディングスを設立、2010年4月にテクモを吸収合併しコーエーテクモゲームスに商号変更した。合併時に開発部門が(新)コーエー、(新)テクモに分離されたが、2011年4月に再統合された。

1983年4月に発売された『信長の野望』はその後シリーズ化され、同社の代表作となった。以後『三國志』シリーズなどを加え、「歴史シミュレーション」というジャンルを確立した。売り上げ不振でパソコンのゲーム市場から撤退するメーカーが多いなか、数少ない国産非アダルトPCゲームメーカーとして、25年以上にわたりPC向けに歴史シミュレーションゲームを提供し続けている。

1994年9月には日本初となる女性向け恋愛シミュレーションゲームアンジェリーク』を発売。そのほか3Dアクション『無双シリーズ』やMMORPGの開発も手がける。なお、日本で初めてアダルトゲームを制作したメーカーでもある。

社名[編集]

「光り栄える会社に」という願いをこめて名づけられた。なおアルファベット表記は当初「KOEY」だったが、外国人には「コーイー」としか読めないという指摘を受け「KOEI」に改めた。

変遷[編集]

光栄マイコンシステム(KOEY)(設立〜1984年) → 光栄(KOEI)(1984〜98年) → コーエー(koei)(1998年9月CI実施)。

CI実施後も、関連団体だった科学技術融合振興財団は2012年現在も2代目のロゴを流用している(FOST)ほか、エルゴソフト(ERGO)も会社解散まで同様のロゴを使用していた。

ロゴ[編集]

ゲーム開始画面などで現れるコーエーのロゴの特徴を示す。

黒い画面に「KOEI」と赤い文字で記されている。
2代目
初代同様の黒い画面だが、音楽とともに現れ一瞬光る。
3代目
CI導入後のロゴで、2代目までとは異なり白い背景に黒い文字で小さな丸が移動して「koei」となる。音楽も2代目と違ってライトなものになっている。

沿革[編集]

1978年7月、襟川陽一が前年倒産に陥った家業を継ぎ栃木県足利市に染料および工業薬品問屋「光栄」を創業。襟川27歳の時であった[3]。その後、当時の学生ベンチャーで流行していたレコードレンタルなど異業種に進出。当時のアルバイト店員に後のスクウェア社長・鈴木尚がいる。

1980年10月、誕生日に妻からシャープ製パソコン・MZ-80Kをプレゼントされたことがきっかけで、襟川はパソコンに没頭。社内に「光栄マイコンシステム」というソフト開発部門を設けて[4]、同年12月よりパソコン販売および業務用特注ソフトの開発を開始。経営は専務である妻と二人三脚で行った[5]

1981年10月、第1作『シミュレーションウォーゲーム 川中島の合戦』を発売(メディアはカセットテープ)し、染料だけの年商よりも3倍の年商を上げる[4]。同時発売の『投資ゲーム』のほか、『地底探検』『コンバット』『ノルマンディー上陸作戦』の各作品が発売され、これら5作品はそのパッケージのデザインから「光栄の赤箱シリーズ」と呼ばれ人気を博した[6]。またこの頃はビジネスソフトやアダルトゲームも手がけていた[7]

1983年3月30日、『信長の野望』を発売。大ヒット作となったことを機にソフト開発に専念することとし、1984年10月に本社を横浜市港北区日吉本町に移転した[4]

1985年7月には『蒼き狼と白き牝鹿』が、同年12月には『三國志』が発売され、これら3作品を中心に「歴史シミュレーション」というジャンルを定着させた。

1988年4月より出版事業を開始、自社製ゲームのガイドブックを始め、小説やコミック、歴史や競馬などに関する雑学書籍などを発行している(2010年4月の再編で現在はコーエーテクモゲームスの出版部門となっている)。なお、2007年12月にライトノベル系文庫レーベル・GAMECITY文庫を創刊した。女性向けの作品が多い。

1994年9月、業界初の女性による女性ユーザーのための恋愛シミュレーションゲームアンジェリーク』を発売。以後他社でも同様の作品を制作するようになり、「女性向け恋愛シミュレーション」はジャンルとして確立した。

このようにシミュレーションゲームを中心に制作してきたが、1997年2月に対戦型格闘ゲーム三國無双』を発売し新たなユーザー層を取り込んだ。逆に、2000年以降は日本の戦国時代・中国の三国時代以外を取り上げた歴史シミュレーション作品の発表が皆無となっている(2005年に『大航海時代Online』が発売されているが、同作はMMORPGである)。さらに、従来は1-2年おきに新作がリリースされてきた『信長の野望』『三國志』シリーズも、近年は発売間隔が長くなっている。

2008年9月4日に同業中堅のテクモと経営統合の協議を開始したと公表。同年11月18日に統合契約書を締結し、2009年4月1日に共同持株会社コーエーテクモホールディングスを設立。

2010年4月1日にコーエーがテクモを吸収合併し、コーエーテクモゲームスが発足。開発部門は(新)コーエー、(新)テクモに分離されたが、2011年4月に再統合された。

年表[編集]

1978年 7月 - 足利市今福町に会社設立
1980年12月 - パソコンの販売および業務用特注ソフトの開発開始
1981年10月 - エンターテインメントソフトの企画・開発・販売開始、「川中島の合戦」「投資ゲーム」発売
1983年 3月 - 「信長の野望」発売
1984年10月 - 本社を横浜市港北区日吉本町に移転
1988年 1月 - 米国・カリフォルニア現地法人「KOEI Corporation」設立
1988年 3月 - ファミコンソフト発売
1988年 4月 - 出版事業開始
1988年 7月 - KOEI Corporation. IBM-PC「Nobunaga's Ambition」「Romance of the Three Kingdoms」全米発売
1988年 9月 - ビジネス・システム事業開始、音楽事業開始
1989年 8月 - 中国・天津現地法人「天津光栄軟件有限公司」設立
1989年10月 - 子会社 株式会社 コーエーミュージック設立
1990年 9月 - KOEI CorporationがINFOGRAMES LTD.(フランス)と提携。ヨーロッパにおいて当社歴史 シミュレーションゲーム販売開始
1991年 6月 - 本社ビル竣工、本社移転
1991年 9月 - 子会社 株式会社 コーエーアド設立 スーパーファミコンソフト発売
1991年10月 - 当社およびKOEI CorporationがAcer TWP Corp.(台湾)と提携。台湾において当社歴史シミュレーションゲーム販売開始
1991年11月 - (社)日本証券業協会に株式を店頭銘柄として登録
1992年 9月 - 中国・北京現地法人「北京光栄軟件有限公司」設立
1993年 5月 - ワープロソフト事業を営む株式会社エルゴソフトの株式100%を取得
1993年12月 - 株式会社BISCO(韓国)と提携。韓国において当社歴史シミュレーションゲーム販売開始。
1994年 3月 - Macintosh対応ソフト発売、エデュテインメント作品「EMIT」発売
1994年11月 - 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
1995年 3月 - Windows対応ソフト発売
1995年 9月 - PlayStationソフト発売
1995年12月 - ベンチャーキャピタル業務を行う株式会社コーエーキャピタルを設立
1997年 2月 - 3D格闘ゲーム「三國無双」発売、新本社ビル竣工、本社を現住所に移転
1998年 1月 - ソフトウェアの流通を行う株式会社コーエーネットを設立
1998年 9月 - CIの実施により社名表記、ロゴマークを変更
1998年10月 - ネットワークゲーム「信長の野望Internet」発売
2000年 1月 - 韓国・ソウル現地法人「KOEI KOREA Corporation」設立
2000年 3月 - 東京証券取引所市場第一部に株式を上場、PlayStation 2ソフト「決戦」発売
2000年11月 - 台湾・台北現地法人「台湾光栄総合資訊股?有限公司」設立
2001年 4月 - iモード対応ソフト「信長の野望」サービス開始、新感覚音楽ゲーム「ギタルマン」発売
2001年 6月 - カナダ・トロント現地法人「KOEI CANADA Inc.」設立
2002年 8月 - イギリス・ロンドン現地法人「KOEI Ltd.」設立
2003年10月 - リトアニア・ヴィリニュス現地法人「UAB KOEI Baltija」設立
2004年 8月 - シンガポール現地法人「KOEI ENTERTAINMENT SINGAPORE Pte. Ltd.」設立
2007年 5月 - コーエージェミニ(新社屋)竣工
2008年 6月 - コーエーレオ(新社屋:京都ビル)竣工
2008年 8月 - 株式会社コーエーネットを完全子会社化
2009年 4月 - テクモ株式会社と経営統合を行い、コーエーテクモホールディングス株式会社を設立
2010年 4月 - テクモ株式会社を吸収合併、コーエーテクモゲームスに商号変更

製品の特徴[編集]

『信長の野望』『三國志』シリーズをはじめとして、全般的に製品価格が他社よりも高価だった。これは、情報収集料のためと説明されている。他方で、大容量のデータを使ってるためであるという説もあった[8][9]、実際は襟川陽子の独断であった。Windows 95移行後は、旧作の廉価販売を行っているが依然として新作の定価は高くユーザーの不評は根強い。 『信長の野望・戦国群雄伝』(1988年12月発売)からしばらくの間、「with サウンドウェア」と称して、ゲーム音楽をアレンジしたオーディオCDが付属する限定版が販売された。PC版「with サウンドウェア」バージョンは、通常版よりも2週間程度先行して発売されていた。
サウンドウェアのCDはレコード店で単体販売もされていたが、PCのサウンド機能向上とともに媒体がCD-ROMへ移行し、BGMがCD-DAで収められるようになると単体販売は行われなくなった。またゲームの大容量化に伴い、BGMの収録形式もCD-DAからWMA形式や独自形式に移行していった。 90年代後半から、「パワーアップキット」という既リリースソフトの機能強化ソフトウェアが販売されている。これはデータ編集や拡張、コンピュータの思考ロジック改善等を可能にするもので、単体販売のほか本体(元のソフト)とキットのパッケージ販売(「with パワーアップキット」)が行われているが高価であるため不満も多い。 2004〜05年の間(『ウイニングポスト7』から『真・三國無双3ハイパー』まで)、海賊版対策としてネットワーク認証システムをパソコンゲームソフトに導入した。しかしインターネット常時接続環境が要求され、『信長の野望・革新』以降は廃止された(なお、『信長の野望・革新』ではプレーヤーのクリアデータの集計・分析などを行う「NetJoy」システムが導入された)。
海賊版及び中古品への対策から、各ソフトごとにシリアルナンバー・ユーザー登録を済ませていない場合、一般的なソフトメーカーのサービスの一環であるアップデートプログラム(バグ修正パッチ等)のダウンロードは行えない。 出演声優は青二プロダクション所属の声優が比較的多い。『金色のコルダ』のアニメでは青二プロが音響製作を担当した。

ユーザー層[編集]

ほぼシミュレーションゲームの専業メーカーだった頃は、いわゆるヘビーユーザーがメインの購入者層と言えた。その後、女性向け恋愛シミュレーションゲーム・ネオロマンスシリーズや、アクションゲーム『真・三國無双』シリーズなどにより新しいユーザー層を獲得した。

さらに近年はガンダムシリーズや『北斗の拳』、『ONE PIECE』などの人気アニメを題材にした「無双シリーズ」を相次いで発売し、ライトユーザー層が大幅に増加している。

GAMECITY
コーエーが運営するゲーム情報ウェブサイト。オンラインユーザー登録、コーエーファンクラブ入会、オンラインショッピング、オンラインゲームのアカウント作成などにはGAMECITY市民登録(無料)が必要となる。

不祥事・問題[編集]

2005年に社内関係者が社内LANからMMOゲーム評価サイトに接続して投票するという不正行為をしたことが発覚し問題となり、公式サイトに謝罪文が掲載された[1]
2009年12月、『大航海時代Online』の拡張パックである『El Oriente』のオープニングムービーにおいて、日本海の位置に「朝鮮海」と読み取れる単語が記載された古地図が採用されたことについて、公式BBSに抗議が多数寄せられるなどの問題となった。

関連会社[編集]

株式会社コーエーテクモホールディングス
テクモ株式会社
株式会社コーエーネット
株式会社コーエーキャピタル
株式会社コーエーリブ
株式会社コーエーミュージック
株式会社コーエーアド
株式会社エルゴソフト
KOEI Corporation(アメリカ・カリフォルニア州)
KOEI CANADA Inc.(カナダ・トロント)
KOEI Ltd.(イギリス)
KOEI KOREA Corporation(韓国・ソウル)
KOEI ENTERTAINMENT SINGAPORE Pte. Ltd.(シンガポール)
UAB KOEI Baltija(リトアニア・ヴィリニュス)
台湾光栄綜合資訊股?有限公司(台湾・台北)
天津光栄軟件有限公司(中国・天津)
北京光栄軟件有限公司(中国・北京)
株式会社光優(同社の筆頭株主で、オーナー企業でもある)
なお、旧コーエークレジット(旧幸福銀行グループ、現新生フィナンシャル)との間に資本・人的関係はなかった。

作品一覧[編集]

歴史シミュレーション[編集]

シミュレーションウォーゲーム 川中島の合戦
オリジナルは日立製作所製パソコン・ベーシックマスターレベル3用。32KB程度の非常に小さな作品であった[10]
信長の野望シリーズ
三國志シリーズ
蒼き狼と白き牝鹿シリーズ
上記3シリーズは「歴史三部作」と総称された時期があったが、蒼き狼と白き牝鹿シリーズは1998年以降続編が製作されておらず、以後「歴史三部作」の呼称も用いられなくなっている。
水滸伝・天命の誓い
水滸伝・天導一〇八星
ランペルール
項劉記
源平合戦
独立戦争 Liberty or Death

WWIIゲーム[編集]

提督の決断シリーズ
ヨーロッパ戦線

第二次世界大戦[編集]

コンバット
Das Boot
ノルマンディー上陸作戦
シミュレーションパック:レストラン経営ゲーム・ルンガ沖夜戦
アルデンヌの戦い

戦略シミュレーション[編集]

決戦シリーズ
三國志戦記シリーズ
凱歌の号砲 エアランドフォース(開発元:Cyc
SFシミュレーションゲーム 銀河戦略
GOTHA イスマイリア戦役
GOTHA II 天空の騎士
北海道戦争
ダスブート
ホイホイ

R?KOEITION(リコエイション)[編集]

維新の嵐シリーズ
大航海時代シリーズ
伊忍道 打倒信長
太閤立志伝シリーズ
神々の大地 古事記外伝
プロジェネター
ゼルドナーシルト

英傑伝シリーズ[編集]

元はリコエイションゲームとして発売されたが、後に独立シリーズ化。

三國志英傑伝
三國志孔明伝
三國志曹操伝
毛利元就 誓いの三矢
織田信長伝

恋愛シミュレーション[編集]

ネオロマンスシリーズ(女性向け)
アンジェリークシリーズ
遙かなる時空の中でシリーズ
金色のコルダシリーズ
約束の絆(男性向け)

競馬シミュレーション[編集]

ウイニングポストシリーズ
ジーワンジョッキーシリーズ
ホースブレイカー

ビジネスシミュレーション[編集]

シミュレーションゲーム 投資ゲーム
トップマネジメント
リーディングカンパニー
エアーマネジメントシリーズ
ザッツキューティ(That's QT)

アーティスト人生シミュレーション[編集]

ライフ・イズ・ミュージック
バンドくん

イマジネーションゲーム[編集]

ロイヤルブラッド
ロイヤルブラッドII 〜ディナール王国年代記〜
ケルトの聖戦

RPG[編集]

マジカル封神
ジルオール
トリニティ ジルオール ゼロ(アクションRPG)
オプーナ
ダンジョン
タイムエンパイア
もんすたあ★レース
地底探検
ドラゴンアンドプリンセス
クフ王の秘密
剣と魔法
アクシオム
メタモード

シミュレーションRPG[編集]

西遊記(開発元:福気)
封神演義(開発元:福気)
ゼルドナーシルト

レースアクションRPG[編集]

モンスター☆レーサー

アドベンチャー[編集]

コリドール
サンセット・イン・ラディック
アドベンチャーパック:コンピュータジャック・山手線アドベンチャー
七つの秘館(パッケージには謎ベンチャーゲームと表記)
七つの秘館 戦慄の微笑
ルイン
発売中止。『ゲームセンターCX』のインタビューで、シブサワ・コウは企画内容が豊富すぎたため没になったと説明している。

アクションゲーム[編集]

無双シリーズ
TROY無双
三國無双
真・三國無双シリーズ
戦国無双シリーズ
ガンダム無双バンダイナムコゲームスと共同開発)
無双OROCHIシリーズ
北斗無双
ワンピース 海賊無双
バトル封神
鋼鉄の咆哮シリーズ(開発元:マイクロキャビン
紅の海 Crimson Seaシリーズ
BLADESTORM 百年戦争
魂の門 ダンテ-神曲
クリス 愛の旅立ち
デストレーガ
空中戦
CONSTRUCTION
JAILUS
クリス愛の旅立ち
クッキンカレー
ローリングペーパーズ
WIN BACK

スポーツ[編集]

ゴルフ大会
セ・パ2001(平成13年12月)[11][12][13]
ペナントレース

テーブルゲーム[編集]

麻雀大会シリーズ
雀・三國無双
たのしい麻雀
迷路脱出
Platina Pack5
山くずし、チェッカー、ゴルフ、ディグ・ダウン、ニム
Silver Pack2
イーブン、ACYデューシー、クラッシュ、さいころ賭博、フィンガーショック、モグラたたき、テニス、スターキャッチャー、スネーククネクネ、スタートレック、リバーシ
Golden Pack2
2次元迷路、15ゲーム、恋うらない、センチピード、藤原京エイリアン、ザ・フリズナ、ハノイの塔、ビット&ブロー、ミグ25、ラビットハンター、ルーレット
Bronz Pack6
アレンジボール、国盗りゲーム、三次元迷路、スペースチェスダサク、バトルオブタンク
連珠
コンストラクション コンステト
60コイコイ

オンラインゲーム[編集]

アプサラス
信長の野望Online
大航海時代Online
真・三國無双Online
三國志Online
三國志Battlefield
信長の野望Internet
三國志Internet

携帯向けソーシャルゲーム[編集]

100万人の戦国無双
100万人の信長の野望
のぶニャがの野望
100万人の金色のコルダ
ラブラブ?天使様 〜アンジェリーク〜
100万人の超WORLDサッカー!
100万人のウイニングポスト
100万人のモンスターファーム
100万人の三國志
100万人の真・三國無双
100万人の大航海時代

アダルト[編集]

ナイトライフ
ストロベリーポルノシリーズ
団地妻の誘惑
オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか?
マイ・ロリータ

その他[編集]

N88ベーシックコンパイラ
いろは
商売繁盛
スーパードッグワールド
ヴァーチャパーク the フィッシュ
デルフォイの神託
EMIT
vol.1「時の迷子」
vol.2「命がけの旅」
vol.3「私にさよならを」
スタッフは、シナリオ原案:赤川次郎、作画:いのまたむつみ、音楽:小室哲哉、主題歌:篠原涼子、ヒロイン役声優(日本語部分):林原めぐみほか。
対応機種はFM TOWNSPCPlayStationセガサターンスーパーファミコン(SFC)、3DO。CD-ROMドライブを持たないSFC版は別に対応した赤外線リモコン付きオーディオCDプレイヤーを用意し、付属の「ボイサーくん」を用いてSFCから音声出力を制御させる必要があった。 ボイサーくん - SFC用サウンドウェア制御アダプタ
ダークハンター
HOIHOI(ゲームボーイ版はパズルゲーム)
セガサターン ワープロセット - セガサターン用EGWORDと、キヤノン製カラーバブルジェットプリンタBJC-210Jのセット。セガサターンを日本語ワープロとして使用できる。
歴史人物笑史(シブサワ・コウ編、光栄出版部。1991年〜1998年。『爆笑三国志1〜6』『爆笑信長の野望1〜3』『爆笑クイズ三国志1〜4』『爆笑忍者伝』『爆笑剣豪伝』『爆笑ギリシア神話1〜3』『爆笑水滸伝1〜3』『爆笑新選組』『爆笑花の元禄』『爆笑西遊記』『爆笑アーサー王』『爆笑日本神話』『爆笑史記列伝1〜2』『爆笑平安京』『爆笑中国怪異伝』『爆笑アラビアンナイト』『爆笑平家物語』『爆笑グリム童話』『爆笑封神演義1〜3』『爆笑北欧神話』『爆笑フランス革命』『爆笑インド神話』『爆笑エジプト神話』『爆笑ケルト神話』『爆笑ヴァンパイア』『爆笑八犬伝』『爆笑封神演義人物事典』『爆笑幕末維新』『爆笑三国志人物事典』)
電楽(1991年刊行のパソコン雑誌。半年足らずで廃刊)
光栄ゲームパラダイス(1993年3月〜94年12月に刊行していた光栄ゲームファン情報・投稿誌。Vol.1.0〜Vol.10まで刊行。当初は季刊、後に隔月刊)
歴史パラダイス(1995年2月〜96年4月に刊行していた歴史ファン情報・投稿誌。『光栄ゲームパラダイス』の後継誌。全8巻刊行。隔月刊)
月刊Da Gama(1996年8月〜1997年7月に刊行していた歴史ファン情報・投稿誌。『歴史パラダイス』の後継誌。1996年9月号〜1997年8月号まで刊行)
歴史ファンワールド(1997年12月〜99年3月に刊行していた歴史ファン情報・投稿誌。『月刊Da Gama』の後継誌。全6巻刊行。季刊)

脚注・出典[編集]

参考文献[編集]

THE COMPUTER編集部(編)、1991、『パソコンヒット商品物語』、ソフトバンク  - 襟川陽一インタビューなど。
多摩豊、1993、『SLG(シミュレーションゲーム)解体新書』、光栄
佐々木, 潤 (2013), 80年代マイコン大百科, 総合科学出版 
信長から乙女ゲームまで… シブサワ・コウとその妻が語るコーエー立志伝 | 電ファミニコゲーマー 2016年3月22日

関連項目[編集]

シブサワ・コウ
北見健
オメガフォース

外部リンク[編集]

GAMECITY
株式会社コーエー
出典:Wikipedia
2020/02/26 16:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/27 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位住吉会
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant