サービス終了のお知らせ
ゲッタウェイ
▼人気記事ランキング
概要
ゲッタウェイ』(The Getaway)は、1972年アメリカ合衆国の映画である。日本公開は1973年スティーブ・マックイーン主演のアクション映画である。

1994年アレック・ボールドウィンキム・ベイシンガー主演(当時夫妻、後に離婚)でリメイクされた(ゲッタウェイ (1994年の映画) を参照)。

夫婦を演じたマックイーンとマッグローは、この作品の共演をきっかけに結婚した。

物語[編集]

刑務所を裏取引で出所したドク・マッコイ(スティーブ・マックイーン)は、それと引き換えに取引相手ベニヨン(ベン・ジョンソン)の要求で妻キャロル(アリ・マッグロー)と共に銀行強盗に手を染める。

企ては何とか成功するが、2人は途中で裏切ったルディ(アル・レッティエリ)、警察、ベニヨンの弟の三者に追われる羽目になる。

キャスト[編集]


※日本語吹替音声は2018年6月6日発売の「吹替の力」シリーズ『【初回限定生産】ゲッタウェイ 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ』に全バージョン収録される[5]。従来ソフト収録されていたテレビ朝日新版はカット部分を追加収録したWOWOW版が収録された。

エンディング[編集]

日本で公開されたときは、スペイン版とアメリカ版(アメリカでは州法の規定により違う)でエンディングが若干異なるところがあると言われてきたが、それはトビー門口によるデマだという[6]

備考[編集]

この企画は当初ピーター・ボグダノビッチ監督、シビル・シェパード主演で進められていた。町山智浩によれば、ボグダノビッチ以前にサミュエル・フラーが監督をする予定であったという[7]
映画用脚本も当初は原作者ジム・トンプスン自身が執筆していたが、マックィーンが脚本の結末を気に入らなかったことからウォルター・ヒルに交代させている[8]
音楽はペキンパー作品の常連ジェリー・フィールディングが担当する予定が、これもマックィーンの主張でクインシー・ジョーンズのジャズ音楽に差し替えられた[9]
この作品に対してペキンパー本人は不満を持っていたとされるが、ペキンパー作品最大のヒット作である。
アル・レッティエリが演じたルディ役は、当初はジャック・パランスが予定されていたが、ギャラの問題などで実現しなかった[10]

本作の人気や後の作品に与えた影響など[編集]

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2020/02/19 16:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant