サービス終了のお知らせ
ゲッターロボG
▼人気記事ランキング
11.関連事項
学年誌掲載版漫画に百鬼帝国の双角鬼によるゲッター乗っ取りというエピソードが描かれている。これはゲッタードラゴン合体途中に割り込んだ小型機が頭部として合体、ゲッターロボGを乗っ取ろうという計画であった。この敵を倒すためにリョウは強制的にドラゴン号をゲッターの股間に突っ込ませ、ライガーへのチェンジを強行するという荒技に出た。この際弁慶は「合体してるのに別のが合体するとショートを起こす」と発言し、事実そのショートに耐えきれなくなった双角鬼が逃げ出し、ライガーにやられるという結末になっている。後のOVA『真ゲッターロボ 世界最後の日』でもゲッターロボGの無限合体が行なわれている。
ゲッターGは『スーパーロボット大戦シリーズ』や漫画『真ゲッターロボ』、OVA『真ゲッターロボ 世界最後の日』などで度々旧ゲッターロボと対決している。より強い機体ということでゲッターGが敵役となるのだが、ゲッターGが勝ったことは1度もなく、性能差はパイロットの技量の差で埋められて敗北している。漫画では、この対決時にゲッターチームは「目を瞑っていても、ゲッターロボに合体することができる」という驚異的な技量により、相手よりも先に合体してゲットマシン状態の敵機を撃破している。なお、小説版『スーパーロボット大戦』では竜馬たちがゲッターGに乗って複製された旧ゲッターと戦うという珍しいシチュエーションとなっているが、この際旧ゲッターに乗っていたのは武蔵のクローン3人だったため、竜馬が動揺して苦戦していた。この作品では他にもゲッターロボ號、真ゲッターロボとも対決することになる。
ブラウザゲーム『ロボットガールズZ ONLINE』にはゲッタードラゴンを萌え擬人化した「ゲっちゃんドラゴン」が登場する。
[4]前ページ
(10.劇場版)
[6]次ページ
(12.1.注釈)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/17 14:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant