サービス終了のお知らせ
ゲーム理論
▼人気記事ランキング
5.ノーベル経済学賞との関係
5.11.グレンジャーの受賞(2003年)
クライヴ・グレンジャーは「時系列分析手法の確立[464]」を称えられて2003年ロバート・エングルと共同でノーベル賞経済学賞を受賞した。グレンジャーは時系列分析と呼ばれる統計学の分野の専門家であり直接的にはゲーム理論とは関係なかったものの、ゲーム理論の創始者モルゲンシュテルンとの親交が深い人物であった[465]。グレンジャーはモルゲンシュテルンと同時期にプリンストン大学に在籍しており、1967年にモルゲンシュテルンの65歳記念論文集が編纂・出版された際には論文を寄稿している。さらに1970年にはモルゲンシュテルンと二人で株式市場における予測性についての共著論文を書いている[534]。この共著論文は、当時生まれつつあったランダムウォーク仮説を体系的に検証するものであった[535]

[4]前ページ
(5.10.カーネマンとスミスの受賞(2002年))
[6]次ページ
(5.12.シェリングとオーマンの受賞 (2005年))
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/14 10:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant