サービス終了のお知らせ
ゲーム理論
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ゲーム理論(ゲームりろん、: game theory)とは、社会自然界における複数主体が関わる意思決定の問題や行動の相互依存的状況を数学的なモデルを用いて研究する学問である[2][3][5]数学者ジョン・フォン・ノイマン経済学者オスカー・モルゲンシュテルンの共著書『ゲームの理論と経済行動』(1944年) によって誕生した[20][24]。元来は主流派経済学(新古典派経済学)への批判を目的として生まれた理論であったが[22]1980年代の「ゲーム理論による経済学の静かな革命」を経て、現代では経済学の中心的役割を担うようになった[23][24]
ゲーム理論の対象はあらゆる戦略的状況: strategic situations)である[25][30]。「戦略的状況」とは自分の利得が自分の行動の他、他者の行動にも依存する状況を意味し[32]経済学で扱う状況の中でも完全競争市場独占市場を除くほとんどすべてはこれに該当する[25]。さらにこの戦略的状況は経済学だけでなく経営学政治学法学社会学人類学心理学生物学工学コンピュータ科学などのさまざまな学問分野にも見られるため、ゲーム理論はこれらにも応用されている[25][6][28]
ゲーム理論の研究者やエンジニアゲーム理論家: game theorist)と呼ばれる[34][35]
目次
1.枠組み
├1.1.協力ゲームと非協力ゲーム
├1.2.ゲームの表現形式
├1.3.ゲームの構成要素
└1.4.ゲームの解概念
2.パラダイムとしてのゲーム理論
├2.1.ドイツ語圏ユダヤ人思想の影響
├2.2.新古典派経済学の代替理論としてのゲーム理論
├2.3.ゲーム理論による経済学の静かな革命
└2.4.数理科学としてのゲーム理論
3.研究史
├3.1.前史
├3.2.「社会的ゲームの理論について」(1928年)
├3.3.『ゲームの理論と経済行動』(1944年)
├3.4.1950年代
├3.5.1960年代
├3.6.1970年代
├3.7.1980年代
├3.8.1990年代
├3.9.2000年代
├3.10.日本におけるゲーム理論
└3.11.略年表
4.応用分野
├4.1.生物学
├4.2.宗教学
├4.3.教育学・教育政策
├4.4.会計学
├4.5.コンピュータ科学
├4.6.警備政策・セキュリティ
├4.7.交通工学
├4.8.スポーツ
└4.9.経済学
5.ノーベル経済学賞との関係
├5.1.アロー(1972年)とドブルー(1983年)の受賞
├5.2.サイモンの受賞(1978年)
├5.3.ブキャナンの受賞(1986年)
├5.4.コースの受賞(1991年)
├5.5.ノースとフォーゲルの受賞(1993年)
├5.6.ナッシュ、ハルサニ、ゼルテンの受賞(1994年)
├5.7.ヴィックリーとマーリーズの受賞(1996年)
├5.8.センの受賞 (1998年)
├5.9.アカロフ、スティグリッツ、スペンスの受賞(2001年)
├5.10.カーネマンとスミスの受賞(2002年)
├5.11.グレンジャーの受賞(2003年)
├5.12.シェリングとオーマンの受賞 (2005年)
├5.13.ハーヴィッツ、マイヤーソン、マスキンの受賞(2007年)
├5.14.オストロムの受賞(2009年)
├5.15.シャープレーとロスの受賞(2012年)
├5.16.ティロールの受賞(2014年)
└5.17.ハートとホルムストロムの受賞(2016年)
6.批判
├6.1.完全観測の仮定に対する批判
└6.2.実用性に対する批判
7.脚注
├7.1.注釈
└7.2.出典
8.引用文献
├8.1.日本語文献(五十音順)
└8.2.外国語文献(アルファベット順)
9.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/08/14 10:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/27 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位住吉会
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant