サービス終了のお知らせ
ケント (イングランド)
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ケントKent)はイングランドの地域で、ロンドンの南東にあり、ケント州(the county of Kent, Kent county)とも呼ばれる。州都はメイドストーンである。ケントはイースト・サセックスサリー大ロンドンと接し、テームズ川中流にエセックスとのはっきりした境界がある。ケントには英仏海峡トンネルに沿ってフランスと名ばかりの境界が途中まであり、ケントという名前は、ケント王国から来ている。
ケントには市が2つあり、カンタベリー大主教のいるカンタベリーとロチェスター主教のいるロチェスターである。しかし、地方政府が再編された1998年からロチェスターは行政上の監督のできる市としての権限を失ったが、現在復活に向けた試みが行われている。その他の町は、下記の一覧表を参照のこと。
「イングランドの庭園」という渾名のためにケントは絵に描いたような田園州と思われているかも知れないが、農業経営は今も産業である。何世紀以上も他の多くの産業は重要であったし、今も重要なものがある。羊毛製の生地製造、製鉄、製紙、セメント、工学、以上全ては工業分野である。漁業と観光は(特に海岸のリゾート地で)多くの人が従事している。東部ケントの炭田は、20世紀に採掘され、ダンゲネスにダンゲネス発電所がある。それでもサネット地域はイングランド南東部の最貧地区の1つと考えられている。
フェリー港、英仏海峡トンネル、2つの自動車道は、ヨーロッパ大陸と結んでいる。マンストンとロチェスターに空港が、ヘッドコーンとリッドに小規模の飛行場がある。
ケントに住む有名人は、チャールズ・ディケンズチャールズ・ダーウィンなどがいる。ウィンストン・チャーチルの家だったチャートウェルもケントにある。
ケントの史跡調査は、ヴィクトリア朝州史調査制度で制限されているが、広範囲にわたる調査は、1755年 - 1805年にエドワード・ヘイステッドにより50年以上にわたって行われた。ウィリアム・ランバルドは16世紀初期の作家であった。
ケントはケント紙の発祥の地である。またタバコのケントも同地に由来があるとも言われている。
テニス選手権の最高峰ウィンブルドン選手権で、優勝者を表彰するのはケント公である。
目次
1.歴史
2.地理
├2.1.自然地理
└2.2.産業
3.政治
├3.1.Man of KentKentish Man
├3.2.Lathes
├3.3.封建制
├3.4.救貧法
├3.5.保健委員会
├3.6.高速道委員会
├3.7.かつての自治都市
├3.8.ケント州議会
├3.9.教区会議
├3.10.1965年と1974年の変更
└3.11.メドウェイ独立行政区
4.ケントとロンドン
5.形式上の州
6.市、町、村
7.外部リンク
8.参考
出典:Wikipedia
2019/01/10 03:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/27 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位住吉会
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant