サービス終了のお知らせ
ケレティ・アーグネシュ
▼人気記事ランキング
1.経歴
1.1.競技生活とナチスによる迫害
1921年1月9日、ケレティ・アーグネシュはハンガリー王国(現ハンガリー)の首都ブダペスト[3]ユダヤ系ハンガリー人の両親のもとに生まれた[5]。ケレティは4歳のとき医師から肺に不具合があると診断され[6]、何かスポーツをするよう勧められた[6]。この勧めにしたがって体操を始め[5][6][7]、8歳のときには小学校で最も体操が得意な児童になり[6]、16歳のときにハンガリーの全国体操競技大会で初めて優勝した[5][7]。翌1938年には体操競技のハンガリー代表に選ばれて[8]注目を集め、1940年五輪大会での活躍が期待される存在になったが[5][7]1939年9月に第二次世界大戦が始まり、その影響で1940年と1944年の五輪大会は開催中止となった[9]。ケレティが所属していた体操競技クラブは1941年に非アーリア人の選手全員をクラブから追放した[2]。ケレティ自身も、このとき追放された選手の一人である[2]当時のハンガリー国内では反ユダヤの風潮が高まっていた

1944年3月、ナチス・ドイツマルガレーテI作戦を発動し、ハンガリー全土を占領した[6]。ナチス・ドイツによる占領下で、ハンガリーに居住していた50万人以上のユダヤ人の多くが強制収容所に送られ、殺害されている[1]。こうした状況の中でケレティはホロコーストから生き残るために身を潜めることを強いられた[2]。既婚女性は強制労働収容所に連行されないとの噂を聞いたことから[9]ベルリン五輪にも出場したハンガリーの体操競技選手シャールカーニ・イシュトヴァーン[10]と取り急ぎ結婚した[9][11]。そしてキリスト教徒の少女ユハース・ピロシュカの身元証明書を買い求めて使用し[2][4][12]、人目につかない小さな村でメイドとして働いて過ごすことでケレティはホロコーストから生き残った[2][5]。母と妹は身を潜めてスウェーデンの外交官ラウル・ワレンバーグにより救われたが[2][5][12]、父や他の親戚はアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所ガス室で全員が死亡した[2][4][12]。第二次世界大戦末期の1944年から1945年にかけてソビエト赤軍によるブダペスト包囲戦が行われている間、ケレティは毎朝、遺体を集めて墓に埋葬した[9]

[6]次ページ
(1.2.オリンピック大会)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/24 22:04
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant