サービス終了のお知らせ
グロシュ
▼人気記事ランキング
概要
グロシュ (ポーランド語: grosz [?r??] ( 聞く)) は、ポーランドの通貨単位で、ズウォティ (z?oty)の補助単位。gr と表記される。1ズウォティ=100グロシュ。1gr,2gr,5gr,10gr,20gr,50grの種類がある。
歴史
「グロシュ」という名の由来はラテン語grossusで、「(それ以前に発行されていたディナリウスよりも)厚みのある」という意味である。銀貨で、数〜十数ディナリウスと等価であり、かつては中世ヨーロッパの各地で発行されていた。
イタリア (1172年〜)
フランス (1266年〜、 トゥロン・グロシュ、12ドゥニエと等価) ルイ9世の治世に発行
ティロル (1271年〜)
ボヘミア (1300年〜、 プラハ・グロシュ) 後に中・東欧地域でも広く流通する
ポーランド (1367年頃〜、 クラクフ・グロシュ、12ディナリウスと等価) カジミェシュ3世の治世に発行
グロシュ硬貨は時代が下るにつれ段々小さくなっていき、14世紀初頭には3,7gあったものが、16世紀頃には1.8gになっている。 ポーランドでは、1526年には1/2グロシュ硬貨(=0.5グロシュ)が発行され、その後も1.5グロシュ、2、3、4、6グロシュの各種硬貨が発行された。また1752年からは銅製となっていた。16世紀から1918年まで、ポーランド・グロシュは1/30ズウォティであった。分割時代のロシア占領地域においては、1/2カペイカであった。1924年から1グロシュ = 1/100ズウォティと定められた。
近代以降、グロシュの名を継ぐ硬貨は2つあった。
ポーランド grosz(グロシュ、1グロシュ=1/100ズウォティ、 〜現在)
オーストリア Groschen(グロッシェン、1グロッシェン=1/100シリング、 1924年1938年および1945年2001年ユーロ導入まで)
出典:Wikipedia
2016/12/21 23:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant