グレゴリオ暦
▼人気記事ランキング
3.改暦委員会と改暦案の提案
3.2.どの月から10日間を省くか
10日間を省く月を1582年の10月にしたことについて、クラヴィウスは、単に10月が宗教典礼日(religious observance)が最も少ない月であり、教会への影響が最小だからだと説明している[18]

[4]前ページ
(3.1.ずれ修正の二つの提案)
[6]次ページ
(4.暦法)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/12/05 00:00
ソ人気記事ランキング
2018/12/19 更新
 1位日本
 2位紀尾井坂の変
 3位大久保利通
 4位西郷隆盛
 5位マコーレー・カルキン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant