サービス終了のお知らせ
グレーター・ロンドン
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
グレーター・ロンドン: Greater London)は、イギリスおよびイングランドの首都ロンドン行政区画を形成するリージョンの1つであり、地方長官職を任官する目的で設置されるカウンティの1つでもある。日本語では、大ロンドンとも称されることがある。32のロンドン区[2]およびシティ・オブ・ロンドン[3]で構成される、33の地方行政区画に組織されている。サザークに拠点を置く、ロンドン市長ロンドン議会から成るグレーター・ロンドン・オーソリティー(大ロンドン庁)が、リージョン全体の戦略的な地方自治を担う。シティ・オブ・ロンドンのみに関わる地方自治は、シティ・オブ・ロンドン・コーポレーションが担う。
カウンティとしてのグレーター・ロンドンは、1963年ロンドン政府法 (London Government Act 1963の施行により、1965年4月1日に設置された[4][5][6]。行政上、グレーター・ロンドンは当初、グレーター・ロンドン・カウンシル(1963年 - 1986年)の下、スイ・ジェネリス (Sui generisカウンシル地域として設置された。この地域は1994年にリージョンとして再設置され、2000年にグレーター・ロンドン・オーソリティーが発足した。
2011年の国勢調査によれば、リージョンの面積は1,572 km2 (607 sq mi)で、人口は8,174,000人であった[7][8]。カウンティとしてのグレーター・ロンドンの領域は、これとは独立したカウンティであるシティ・オブ・ロンドンを除いては、リージョンと同じである。2012年の統計では、住民一人当たりのGVA(粗付加価値)は£37,232と、全国で最高額であった[9][10]。国の統計では、グレーター・ロンドン市街化地域 (Greater London Built-up Areaという用語が、行政上のリージョンの外側の地域を含めた、ロンドンの連続した都市地域の尺度として使用されることがある。
目次
1.歴史
├1.1.カウンティ・オブ・ロンドンを拡張する提案
└1.2.グレーター・ロンドンが正式に発足
2.地理
3.統治
├3.1.ロンドン市長
├3.2.ロンドン議会
├3.3.英国議会
├3.4.欧州議会
├3.5.地位
├3.6.戦略的な地方政府
└3.7.地方自治体
4.人口統計
├4.1.民族構成
└4.2.人口
5.経済
6.宗教
7.教育
└7.1.大学
8.姉妹都市
9.郵便区域
10.関連項目
├10.1.地理関連
├10.2.政治関連
├10.3.歴史関係
└10.4.その他
11.脚注
12.出典
13.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/01/24 14:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant