グルジア問題
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
グルジア問題(グルジアもんだい、ロシア語: Грузинское дело)とは、グルジア社会主義ソビエト共和国の政治変革を達成する方法をめぐり、ボリシェヴィキ指導部内に起こった政治紛争である。グルジアをめぐる論争は赤軍のグルジア侵攻によって強制的に共産化された直後に起こり、1922年後半にピークを迎えた。この論争の一方にはフィリップ・マハラゼポリカルプ・"ブドゥ"・ムディヴァニ率いるグルジアのボリシェヴィキ指導者たちがおり、他方にはロシア共和国で事実上の実権を握っていた指導層、特にヨシフ・スターリンセルゴ・オルジョニキーゼが立つものであった。論争の内容は複雑で、モスクワからの自治を維持せんとするグルジア側の願望や、ボリシェヴィキが画策していた国境政策の独自解釈、特にグルジア特有の解釈が絡み合っていた。論争の中でも主要な論点の一つは、グルジア、アルメニア共和国およびアゼルバイジャン共和国ザカフカース連邦に併合するというモスクワの決定である。グルジア共和国単独でソビエト連邦の一員としての地位を要求するグルジア側指導者は、この動きに強硬に反対した。
この問題は病床にあったウラジーミル・レーニンをとりまく権力闘争の中で決定的なエピソードとなる。グルジア側はレーニンの支持を獲得しようと模索していた。論争はスターリン=オルジョニキーゼ側の勝利に終わり、グルジアの穏健派共産主義政権が失脚する結果となった。また、この件はレーニンとスターリンの間の最終的な決別の一因ともなり、レーニンに最後の主著を書かせるきっかけとなった[1]
目次
1.背景
2.「民族主義的逸脱主義」対「大ロシア主義」
3.レーニンの荷担
4.問題の結末
5.脚註
6.参照
出典:Wikipedia
2019/10/15 00:31
ソ人気記事ランキング
2019/12/09 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant