サービス終了のお知らせ
グリム童話
▼人気記事ランキング
6.受容と影響
6.1.日本における受容
日本におけるグリム童話の受容に関する研究は、1977年ドイツ・マールブルク大学に提出された野口芳子の博士論文が最初のものである[66]。ドイツ語で書かれたその内容は、部分的に要約されたものが本として出版されている[67]。『グリム童話集』が最初に日本に導入されたのは、学校で使う英語教科書によってであり[68]、グリム童話「釘」(KHM184)が紹介されている[69][70]。この話は2人の日本人によって邦訳されている[71]。『グリム童話集』が一番最初に雑誌に紹介されたのは、『R?MAJI ZASSI』である。グリム童話「牧童」(KHM152)と「藁と炭とそら豆」(KHM18)が1886年にローマ字で訳されている[72]。『グリム童話集』が最初に本として出版されたのは、1887年(明治20年)の桐南居士(菅了法)による『西洋古事神仙叢話』である。目次には10篇しか記載されていないが、実際は11篇収められている。「金の鳥」「忠臣ヨハネス」「踊ってすり切れた靴」「十二人の兄弟」「蜜蜂の女王」「灰かぶり」「金の毛が三本ある悪魔」などが収録されている。Fairy Talesと書かれているので英語版を底本使ったと考えられるが、底本名だけでなく、グリム兄弟の名も書かれていない。最近の研究では、底本となった英語版はおそらくポール版であろうと考えられている[73]。同年9月には統計学者でもあった呉文聰により「西洋昔噺第一号」として、「狼と七匹の子ヤギ」が「八ツ山羊」の題でカラー版仕掛け絵本として出版されているが、ここではなぜか子ヤギの数が8匹に変えられている[74]。同年9月には中川霞城が「狼と七匹の羊」を雑誌『少国民』に訳出し、1889年(明治22年)10月には国語学者の上田万年が同じ話の翻案『おほかみ』を刊行しており[75]、1895年(明治28年)には巌谷小波が同じ話を「子猫の仇」という題で猫の話に置き換えた翻案を出している[76]。明治期には主に児童向けの教訓話を意図したものとして、『小国民』『幼年雑誌』『少年世界』などの、当時次々と創刊されていた児童雑誌でグリム童話が多く紹介された。その数は雑誌、単行本を合わせて147冊を数える[77]。このように明治期にグリム童話の紹介が進められた背景には、当時日本でも影響力のあったヘルバルト学派の童話教育論が受け入れられていたためと考えられる[78][79]。また明治期に日本風に書き換えられたグリムの翻案は、その後口承化し日本の昔話のようにして伝えられた事例もある[80]。『死神の名付け親』のように、翻案されて落語に取り入れられた例すらある。

1919年(大正7年)創刊の『赤い鳥』では、鈴木三重吉がグリムを素材とする童話を数話書いている。一方で大正期には、童話研究が進むとともに国民教育的な受容からの脱却もはじまっており、中島孤島が訳した『グリムお伽話』(1916年)、『続グリムお伽話』(1924年)は、岡本帰一の挿絵が好評で人気を博したが、原文の内容に添おうとしつつ改変が施されたものである。原文に忠実な訳の出現は1925年(大正13年)の金田鬼一による全訳本をまたなければならない(現在岩波文庫に収録)[81][82]。1925年(大正13年)には金田鬼一による初の全訳が出ている(現在岩波文庫に収録)。第二次大戦期は政府の出版統制によってグリム童話の翻訳は一時下火となるが、戦後ふたたび注目され、以後原著に忠実な翻訳と教育的配慮から改変した訳との二つの系統で、途切れることなく翻訳や再話が出版され続けている[83]。1980年代以降は第7版の訳だけでなく、小澤俊夫によるエーレンベルク稿の訳(1989年)[84]や第2版の全訳(1995年)[85]、吉原高志・吉原素子による初版の全訳(1997年)[86]なども出版された。また日本では1990年半ばから、グリム童話の「残酷性」に焦点をあてた解説書やアンソロジーの類が相次いで出版され、桐生操『本当は恐ろしいグリム童話』(1998年)などがベストセラーを記録するというブームが起きている[87]

[4]前ページ
(6.受容と影響)
[6]次ページ
(6.2.グリム童話を題材にしたフィクション)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/08 09:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant