クロスオーバー (音楽)
▼人気記事ランキング
1.ジャズのクロスオーバー
1970年代前半に流行した、電気楽器や電子楽器を取り入れたジャズの演奏スタイルの一種。1960年代後半より、電気楽器やロック風な奏法を取り入れた新しいジャズ・スタイル、ジャズ・ロックやエレクトリック・ジャズ[1]が生まれた。マイルス・デイヴィスらはジャズの停滞状況を乗り越えるべく、新しいサウンドに挑戦していた。アメリカのスタジオ・ミュージシャン達は、ジャズにラテン音楽やロックを融合し、ジャンルの垣根を乗り越えた「クロスオーバー」音楽を生み出していった。

1970年代には、デオダートボブ・ジェームスアレンジャーがアルバムを発表した。1973年には、デオダートが、アルバム『Prelude』を発表。クラシック作品をエレクトリック・ジャズにアレンジした「ツァラトゥストラはかく語りき」がジャズとしては異例のヒットとなった[2]。同曲は「クロスオーバー」の最も初期の有名曲であり、日本でもNHKFMを中心にさかんにオンエアされた。1973年に発表した『Deodato2』でもジョージ・ガーシュウィンの「ラプソディー・イン・ブルー」をカバーした。またデオダートをサポートしていたのがプロデューサークリード・テイラーCTIレコードである。同レーベルではヒューバート・ロウズイーゴリ・ストラヴィンスキー春の祭典をアレンジした曲を発表したが、これはヒットには至らなかった。

70年代前半には、チック・コリア、キース・ジャレット、ハービー・ハンコックらも、クロスオーバーの作品を発表した。ハンコックは、「ヘッド・ハンターズ」(1973年)のようなファンク・リズムを取り入れたアルバムも制作した。

[6]次ページ
(1.1.代表的なアルバム)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/02 08:30
ソ人気記事ランキング
2019/10/17 更新
 1位日本
 2位令和元年台風第19号
 3位ジョンベネ殺害事件
 4位10月16日
 5位コピアポ鉱山落盤事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant