クロアチア語
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
クロアチア語(クロアチアご、クロアチア語: hrvatski [x???a?tski?])は、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派南スラヴ語群言語である。クロアチアおよびボスニア・ヘルツェゴビナの公用語である。クロアチアのEU加盟により、2013年7月以降EU公用語の一つにもなっている。
1991年クロアチアユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立する前は、セルビア語と同一の言語としてセルビア・クロアチア語として扱われていた。ユーゴスラビア解体後にそれぞれが別言語と主張されるようになったが、元々両者の違いは細かい正書法や表現の差異程度であり、現在でも非常に近い関係にある。セルビア語がアルファベットとしてキリル文字ラテン文字を使用するのに対し、現在のクロアチア語ではもっぱらラテン文字を使用する。歴史的にはグラゴル文字が使用されたこともあり、一部では近代まで用いられていた。
話者は主にバルカン半島に分布し、クロアチア人を中心にクロアチアセルビアモンテネグロボスニア・ヘルツェゴビナおよび他の国で話される。スロベニア語マケドニア語とも類似している。
クロアチア国内で話される南スラヴ語群の言語変種には主にシュト方言カイ方言チャ方言の3種類があり、そのうち新シュト方言の東ヘルツェゴビナ方言がクロアチア語の標準語の基盤となっている。なお、セルビア語やボスニア語もシュト方言の一種から標準語が作られている。
目次
1.文字
2.聖書翻訳
3.日本におけるクロアチア語教育
4.参考文献
5.脚注
6.関連項目
7.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/12/09 15:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/23 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位宍戸錠
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant