サービス終了のお知らせ
クロースアップ・マジック
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
クロースアップ・マジック (: close-up magic) とは、マジックの形態のひとつで、少人数の観客に対してマジシャンが至近距離で演じるものをさす。1930年代からこの用語が使われるようになった[1]テーブルマジック (table magic) とほぼ同義である。逆に大勢の観客に対して舞台上のマジシャンが離れた距離で演じる場合はステージマジックといい、両者の中間がサロンマジックである。
路上などで通行人を呼び止めるストリート・マジックや、バーカウンター越しで見せるバー・マジックなどもクロースアップ・マジックの一形態である。マジックがステージ興業として発展する以前は路上や街頭、パーティなどが主舞台であり、マジックの歴史において深い影響を与えた。
日本では、江戸時代から解説書が発行されるなどしていたが[2]、プロとしてクロースアップマジックを専門とするマジシャンは少なかった。日本においてこのジャンルの有名なマジシャンでは、前田知洋ふじいあきら、丸山真一、カルロス西尾アルスなどがいる。
目次
1.クロースアップ・マット
2.代表的なクロースアップ・マジック
3.脚注
4.参考文献
出典:Wikipedia
2019/03/13 14:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant