サービス終了のお知らせ
クリスティアーヌ・ヘッド
▼人気記事ランキング
概要
クリスティアーヌ・ヘッドChristiane Head1948年11月6日 - )は、フランスシャンティイ調教場を拠点としていた元調教師。父はオーナーブリーダーアレック・ヘッド、母のジスライン・ヘッドは馬主、兄のフレディー・ヘッドも調教師、祖父のウィリアム・ヘッドは元騎手である。娘の夫のカルロス・ラフォン=パリアスも調教師である。クリスチャン・ヘッドクリスチャン・ヘッド=マーレック (Maarek) 、クリケット・ヘッド (Criquette Head) と表記されることもある。ほかにもマダム・ヘッドと呼ばれることもある。

2018年2月1日をもって調教師を引退することになった。

おもな管理馬[編集]

Silvermine / シルヴァーマイン(1985年プール・デッセ・デ・プーリッシュ
Bering / ベーリング(1986年ジョッケクルブ賞など)
Sillery / シレリー(1991年ジャンプラ賞
Gold Splash / ゴールドスプラッシュ(1992年マルセルブサック賞
Poliglote / ポリグロート(1994年クリテリウムドサンクルー
Anabaa / アナバー(1996年ジュライカップモーリスドギース賞
Always Loyal / オールウェイズロイヤル(1997年プール・デッセ・デ・プーリッシュ)
Juvenia / ジュヴェニア(1998年マルセルブサック賞)
Egyptband / エジプトバンド(2000年ディアヌ賞
Rouvres / ルーヴル(2002年ジャンプラ賞)
Dedication / デディケーション(2002年フォレ賞
Etoile Montante / エトワールモンターント(2003年フォレ賞)
American Post / アメリカンポスト(2003年ジャンリュックラガルデール賞レーシングポストトロフィー、2004年プール・デッセ・デ・プーラン
Special Duty / スペシャルデューティー2009年チェヴァリーパークステークス2010年イギリス1000ギニー、プール・デッセ・デ・プーリッシュ)
Treve / トレヴ2013年ディアヌ賞ヴェルメイユ賞凱旋門賞、2014年凱旋門賞、2015年サンクルー大賞)

エピソード[編集]

1997年に日本へ遠征し、中央競馬スプリンターズステークスにキステナ (Kistena) を出走させたが、タイキシャトルに敗れて14着という結果に終わっている。
1998年にタイキシャトルがジャック・ル・マロワ賞に出走した際には、前述の通り前年のスプリンターズステークスで実際にタイキシャトルの走りを見ていることから「あの馬に勝つのは難しい」とタイキシャトルを高く評価していた。なお自身の管理馬であるMarathonも同レースに出走していたが結果は最下位だった。
2006年モーリス・ド・ゲスト賞に管理馬のクワイエットロイヤル (Quiet Royal) が出走して5着となった際に、騎手を務めたオリビエ・ペリエの騎乗に対して批判を行い、もうペリエを騎乗させないといった発言をしたことが話題となった。その後クワイエットロイヤルの馬主でペリエと優先騎乗契約を結んでいるヴェルトハイマー兄弟(アラン・ヴェルトハイマーとジェラール・ヴェルトハイマー)はクワイエットロイヤルをカルロス・ラフォン=パリアス厩舎に移籍させた。なお2005年のミエスク賞 (G3) ではクワイエットロイヤルにペリエが騎乗して優勝している。

関連項目[編集]

競馬の調教師一覧
出典:Wikipedia
2019/02/21 20:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant