サービス終了のお知らせ
クリスタニア
▼人気記事ランキング
8.登場人物
8.7.黄金伝説から
古の民の神官戦士。ダナーンに神殿を建てるための資金を求めて黄金峡探索に参加した。黄金峡の正体に憤りを感じはしたが、その真意は受け入れダナーンへと旅立つ。
リプレイ版では、道中で巻き込まれた牙の部族の「戦士」の試練に対し、テューレの対応が不十分だった煽りを受け、終盤はスキンヘッドにされてしまった。
ドルドムント
ウィングド・ミュルミドンの盗賊(アンバースと同様、リプレイ連載当時は可能だったが後にルールが変更された)。かつて自身がスリに財布を盗まれた際、その手際の良さに感動して自ら盗賊を志したという変わり者。有翼種のミュルミドンは芸術等を自分の役割としており、彼は盗賊の手技を芸術として認識していた。義賊を目指している。
リプレイ版では、やたらと「アリ」(蟻)を強調した言葉遣いをしたり、「アリ」の言葉が入った駄洒落を連発したりしていた。「義賊」も「蟻賊」にひっかけている。
ミーア
古の民の精霊使い。波瀾万丈の人生を送るのが夢。元はお嬢様だったが、冒険者の恋人に誘われるままに自身も冒険者になり、しかし恋人は自分よりも才能があるミーアに嫉妬して彼女を捨てた。承認の儀式では波乱万丈の人生を送る事を承認される。通常は承認を受けた者は、儀式の後に試練の事も案内人の事も記憶から消されるが、ミーアの場合は試練自体が波乱万丈の一環であり記憶を失うと矛盾が生じるため、承認後も黄金峡の真実を覚えていた。
メモリー
牙の部族の戦士の少女。部族で「戦士」と認められるための試練の最中にテューレ達と合流した。途中、同部族の別集落で行われていた試練の内容が悪習であったため、神獣王ブルーザに意見を求め改める必要が生じた。この際に改善案を提示したことで、村長から神聖武器の双牙槍を譲られる。冒険を通してテューレに恋心を抱き、年頃の娘らしく立ち寄った集落の少女達から教えて貰った恋の相性占いをテューレと行った。スループに戻ってからはテューレに協力して「獣の牙」の創設に参加する。
レスリー
スループ王国の騎士。騎士団内の陰謀に陥れられ、謀反人として国を追われ恋人も奪われた。放浪の末に腕を磨き山賊団の長になり復讐の時を待っていた。途中から黄金峡探索に参加し、テューレ達の援助や神獣王ディレーオンの加護を受けて復讐を成し遂げ、名誉と恋人を取り戻した。
ラトーナ
鬣の部族の呪術師。テューレ達を黄金峡へ導くと称して、様々な試練を受けさせる。この試練の本質は、神獣ディレーオン直々の承認を受けるに相応しい人物を選抜し、黄金郷こと部族の聖地へ導くことである。承認の儀式を終えた参加者達は、黄金峡にまつわる全ての記憶が消され、案内人のことも忘れてしまう。このため彼女はテューレ達に情が湧かないように終始素っ気無い態度で対応をしていたが、唯一記憶を失わなかったミーアが、後に彼女を冒険の仲間にするため迎えに来た。
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/27 15:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/31 更新
 1位ありがとう
 2位でじこさん
 3位りんご娘
 4位がむしゃら行進曲
 5位ときた洸一
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant