クラビネット
▼人気記事ランキング
2.詳細:ジャンル
クラビネットは、スティーヴィー・ワンダーの「迷信」[3]コモドアーズの「マシンガン」で使用されたのをはじめ、1970年代前半のファンクソウルミュージックで多用された。またクロスオーバーのスティーリー・ダン、ジャズ・フュージョンのジョージ・デューク、ジョン・メデスキも使用している。ローリング・ストーンズやレッド・ツェッペリングランド・ファンク・レイルロード、ELOなどのロック・グループが使用することも多かった。さらに、ELPピンク・フロイド、ジェントル・ジャイアントなど、プログレッシブ・ロックでも使用された。トリーナ・ニ・ゴーナルは自身のバンド「ナイトノイズ」などで、ケルト音楽に使用している。日本では、主に1970年代の歌謡曲で使用され、星勝や竜崎孝路の編曲作品での印象的なクラビネット使用が知られている。星勝の編曲による代表作品は情熱の砂漠、竜崎孝路の編曲は「あかね雲」である。また筒美京平は「君は特別」で上手に使用している。

[4]前ページ
(1.概要)
[6]次ページ
(3.モデルリスト)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/03/06 18:30
ソ人気記事ランキング
2019/12/08 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant