サービス終了のお知らせ
クラウス・ヨハニス
▼人気記事ランキング
1.半生と家族
ヨハニスはトランシルヴァニア・ザクセン人の家族のもと「中産階級の環境[8]」に育った。父グスタフ・ハインツは技師、母ズザンネは看護婦であった[8]。ヨハニスが語るには、チスナディエドイツ語版には1500年頃の記録があり、これによると祖先は850年前にトランシルヴァニアシビウ周辺に移住し、以来この地に暮らしてきた、ということである[9]

1979 年から1983年にクルジュ=ナポカバベシュ=ボーヤイ大学物理学を学んだ。卒業後、シビウの様々な学校で教鞭をとった(1983年から1989 年)。1989年から1997年には、地元のブルケンタール=リツェーウム英語版で教職に就いた。1989年のルーマニア革命の後、1990 年に新設のルーマニア・ドイツ人民主フォーラムドイツ語版(DFDR)のメンバーとなった。これはドイツ語を話す少数派を政治的に代表するものである。

1997年にはシビウ県の副視学官長、1999年には視学官長に昇進した。2000年に政界に進出すると、この職を辞した[10]

1989年以来、カルメン・ヨハニスドイツ語版と結婚している。彼女は国立ゲオルゲ・ラザル高等学校英語版の英語教師である。夫妻には子供がいない[11]。1989年のルーマニア革命の後、彼の両親と妹のクリスタ(Krista)は、ドイツに移住し、ヴュルツブルク地域に住んでいる[8]

[6]次ページ
(2.1.シビウ市長(2000年))
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/03 11:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant