ギネス世界記録
▼人気記事ランキング
5.現在記録カテゴリーとして受け付けていない記録
ギネス世界記録は、社会問題や人権問題、倫理的・道義的に問題のある行為や、あるいは命に関わる大変危険な行為を伴う内容に関する記録についても取り扱ってきたが、記録挑戦にまつわる一切の責任を負わないことをはじめ、既に受け付けられていない記録もある。

過去の版に掲載されていたが、現在の版では掲載されていない記録の例を挙げる。

1980年代、マリリン・ボス・サバントがIQ228で世界最高として認定されていた。しかし極端に高いIQを計測することが困難で信憑性がないことと、高IQの記録を認定すること自体が無意味であるとして[8]1990年版以降のギネスブックでは高IQの記録は掲載されなくなっている。
最年少の出産記録
リナ・メディナによる5歳7か月21日での出産が「最年少出産記録」として掲載されていたが、現在は掲載されていない。理由は明言されていないが、女児に対する性犯罪を誘発しかねないことや、幼児婚などの人権問題を生じるため、医学上非常に危険で命に関わるためだと考えられる。
早食いの記録
1980年代頃の版までは食べ物の早食いの記録が掲載されていたが、記録への挑戦による無謀な早食いで命を落とす事故が多発したため、1990年代以降の版で記録が掲載されなくなり、また新規の記録の登録や更新の申請についても、挑戦者の安全に配慮されたルールに則らなければ受付けをしないと表明していた。しかし、2010年代に入ると再び掲載されるようになっている。
不眠の記録
長期間にわたり睡眠をとらないことは健康を損ない命にも関わるため、睡眠に関する記録の申請を受け付けなくなった。
最速楽器演奏の記録(ヴァイオリンギターピアノ等)[9]
楽譜を基準とした正確さの判定が困難なため。
年齢による世界記録
絶対的な記録を重要視し、挑戦者の年齢層を特定しないため。
[4]前ページ
(4.記録の認定・登録の基準)
[6]次ページ
(6.1.日本語版)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/04 23:30
ソ人気記事ランキング
2019/12/12 更新
 1位日本
 2位無名塾出身の俳優一覧
 3位松本ちえこ
 4位12月11日
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant