ギリシア哲学
がん保険|前世占い|運命の人
ネットでお得にコンタクトレンズ購入
コンタクトレンズ・ケア用品豊富な取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ギリシア哲学ギリシャ哲学)とは、かつて古代ギリシアで興った哲学の総称。現在でいう哲学のみならず、自然学物理学)や数学を含む学問や学究的営為の総称である。
「哲学(ギリシャ語Φιλοσοφ?α, philosoph?a, ピロソピア)」および「哲学者(ピロソポス)」という言葉を最初に用いたのはピタゴラスであると言われる[1][2]。「哲学者」を含めた「知者(ソポス)」は「ソフィスト(ギリシャ語:σοφιστ??, sophist?s, ソピステス)」とも呼ばれ、詩人もこれに含まれた[3]
ディオゲネス・ラエルティオスはギリシア哲学の起源を、アナクシマンドロスから始まるイオニア学派(厳密にはミレトス学派)と、ピタゴラスから始まるイタリア学派(ピタゴラス教団のこと)に大別し、ソクラテス(ソクラテス学派)やプラトン(古アカデメイア学派)は前者の系譜で、パルメニデスゼノン(ともにエレア派)、エピクロスエピクロス学派)らは後者の系譜であると主張している[4]。さらにディオゲネス・ラエルティオスは、哲学には自然学倫理学論理学の三つの部門があり、まず自然学が発達し、次いでソクラテスが倫理学を加え、ゼノンが論理学を確立し、倫理学にはアカデメイア学派、キュレネ学派、エリス学派、メガラ学派、キュニコス学派、エレトリア学派、詭弁学派(ソフィストなど)、逍遙学派(ペリパトス学派)、ストア学派、エピクロス学派という10の学派があったとも主張している[5]
無料ゲーム|おうし座|運命の赤い糸
てんびん座|無料占い|金融
勝った翌日ポイントアップ!
楽天イーグルス&ヴィッセル神戸応援企画
http://m.rakuten.co.jp/
目次
1.ソクラテス以前の哲学者
2.古代ギリシア哲学(ソクラテス哲学)
3.ヘレニズム哲学
4.中世
5.ギリシャ正教の関係
6.ギリシア神話の関係
7.脚注
8.参考文献
9.関連項目
10.外部リンク

1. ラエルティオス(1984), I.12(ヘラクレイデス・ポンティカスの言葉として)
2. キケロー(2002), V.8-9
3. ラエルティオス(1984), I.12
4. ラエルティオス(1984), I.13-15
5. ラエルティオス(1984), I.18

出典:Wikipedia
2016/11/27 21:01
無料相性占い|六星占術|縁結び
賃貸|浮気|しし座
ソ人気記事ランキング
2017/11/19 更新
 1位鶴ひろみ
 2位大動脈解離
 3位新潟県神林村男子中学生自殺事件
 4位松平信康
 5位奈良小1女児殺害事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant