ギリシア語
▼人気記事ランキング
7.方言
7.1.キプロス方言の文法要覧

活用例[編集]


a'kuo(1p/sg/praes), a'kuis(2p/sg/praes), a'kui(3p/sg/praes), a'kumen(1p/pl/praes), a'kuete(2p/pl/praes), a'kusin/a'kun(3p/pl/praes)(聞くの現在形)

同中受動態形:IMPERFECTUM
能動態アオリスト:Aoristus
能動態第2次人称語尾接尾の未完了過去:IMPERFECTUM
「アオリスト」能動態
中・受動態 現在形 基本形(第1次人称語尾形)
命令形:(現在)'aku(2p/sg/praesens), a'kute(2p/pl/praesens):(アオリスト) 'akuse(2p/sg/aoristus), a'kuste(2p/pl/aoristus)

語彙形態素(文法形態素)代用語(「誰、何」(pi'os))[編集]


Nominativus;(m.)'pcos (f.)'pca (n.)'inta
Accusativus;(m.)'pcon (f.)'pcan (n.)'inta

人称代名詞[編集]


Sg:Accsativus;(m.)ton (f.)tin (n.)to
Sg:Genetivus; (m.)tu (f.)tis (n.)tu
Pl:Accusativus;(m.)tus (f.)tes (n.)ta
Pl;Genetivus; (m)tus (f.)tus (n.)tus

人称名詞[編集]


有強勢形;1人称;Nom/sg; e'jo(ni) Acc & Gen/sg; e'menan Nom/pl; e'mis Acc & Gen/pl;e'mas
無強勢形;1人称;Acc/sg;me Gen/sg;mu Acc & Gen/pl;mas

南イタリアのギリシア方言[編集]


プッリャのオトラントと南カラブリアのBovaの方言

その他の方言でも、音韻変化において閉鎖音から摩擦音への遷移過程(通時言語学的現象)、前舌化、上昇・閉音化、中音化(centralisation)の現象・シュー(/∫/)音化・/t∬/音化・躁音化・無声軟口蓋閉鎖音の硬口蓋閉鎖音化等さまざまの音韻変化が諸方言に分散し、古代ギリシア語からコイネーの時代を経て現代の各地域の方言・またコイネーからアテネ方言への推移をも通時言語学・共時言語学において論証することができる。

特に如上のキプロス方言、またクレタ方言等は現在も遡及の可能な多量の文献が存在するので、現代語の通時的推移・共時的視野を論証させてくれる。また、母音交替子音交替・語中音(γ)添加.語尾音(ν)の添加、ふるえ音化等のさまざまな音韻変化または交替現象・古典語からの伝統である音便νの保持など、現代の諸方言は、古典からコイネーを経て分散した各方言の通時・共時言語学上の貴重な音韻変化を現在も維持している。現代の現用言語(langue vivante)である「ギリシア語」は、古代からの継続言語であり、「現用言語のギリシア語」の完全な理解には古典ギリシア語の素養も不可欠である。

[4]前ページ
(7.方言)
[6]次ページ
(8.表現)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/21 00:30
ソ人気記事ランキング
2019/09/20 更新
 1位日本
 2位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 3位熊谷連続殺人事件
 4位9月19日
 5位逆鉾昭廣
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant