サービス終了のお知らせ
ギャラクシアン
▼人気記事ランキング
概要
ギャラクシアン』(Galaxian)は、1979年11月に発表されたナムコ(現バンダイナムコアミューズメント)のビデオゲーム。同社の3作目にして同社初のシューティングゲームゲームデザイナーは、沢野和則。

概要[編集]

ハードウェア技術として、日本では初めてスプライトを利用しており、ソフトウェア面ではそれが活用され、シューティングゲームの基礎を築いた[1]。技術的源流はAtariであり、ナムコはAtariが使用していた「オブジェクト」という用語を踏襲している[2]

タイトルの「ギャラクシアン」とは銀河系の住人である人類、つまりプレイヤー側のことを指す言葉である[1]。この設定は他のUGSFシリーズでも使われている。

人気作となった事からライセンス生産も行われ、「タイトルは『ギャラクシアン』のまま」「国内ではテーブル筐体のみとする」等の条件により国内ではセガ(後のセガ・インタラクティブ)、タイトー、シグマ(後のKeyHolder)、アイレム(後のアピエス)、コナミ(後のコナミアミューズメント)、サミー日本物産、海外ではミッドウェイ(後のミッドウェイゲームズ)等にライセンスされた。ナムコ純正のテーブル筐体の定価は58万円、アップライト筐体の定価は64万円であった[3]

アーケード版の修理サポートは、セガとサミーがライセンス生産した製品は2017年3月[4]に、オリジナルは続編も含めて2017年10月にそれぞれ終了した[5]

ゲーム内容[編集]

ゲーム進行[編集]

エイリアンは、『スペースインベーダー』同様、砲台から離れた上空で編隊を組んで待機しており、1匹ずつミサイルを放ちながら降下・攻撃してくる。待機中のエイリアンはミサイルを撃ってこない。降下してきたエイリアンを撃墜できなかった場合、画面上部から再度現れ編隊へ復帰する。エイリアンの数が少なくなると編隊を崩して一斉に攻撃を仕掛けてくる。全てのエイリアンを打ち落とせば面クリアとなる。

アーケード版では、面ごとに旗が1本ずつ増えていき、10面クリアすると大きな旗が一本出る。

最終的には48面まであり、以降は48面の表示のまま延々ゲームは進んでいく。自機が全滅しない限りゲーム終了にはならない。

キャラクター[編集]

単独飛行 - 150点
レッド1機との編隊 - 200点
レッド2機との編隊
レッドを残した状態で旗艦撃墜 - 300点
レッド2機とも撃墜後に旗艦撃墜 - 800点

他機種版[編集]

一番最初に家庭用ゲーム機で「ギャラクシアン」の名前を冠してリリースされたのは下に表したカセットビジョン版だが、これは結果的にナムコに版権料を払ってこそいる[6]ものの、内容は原典とはだいぶ異なっている(『ムーンクレスタ[6]ギャラクシーウォーズに近い)。

移植版[編集]

これ以降が一般的な他機種への移植版となる。下記表における発売元「バンナム」は、バンダイナムコエンターテインメント(当時の社名はバンダイナムコゲームス)の略称。

ナムコットゲームセンターシリーズ第3弾として発売。後に1990年4月26日フロッピーディスクで発売されたMSX用オムニバスソフト『ディスクNG 2』にも、このMSX版が収録されている。
ファミリーコンピュータ版
ファミコン版の一部ロットでは、リセットボタンの押下を内部でカウントしており、45回リセットボタンを押した後、2コントローラ側のABボタンを押しながらリセットボタンを押すという操作する度に、ゲームとはまったく関係のない、ミシェル・ローランフランス語版の「サバの女王」、『風の谷のナウシカ』の「ナウシカ・レクイエム」のメロディが流れる隠し音楽モードがある。ここでのサウンドドライバはゲーム本体のものとは別に実装されており、画面には音程やステップなどをテキストで簡易的に表示される。なお、リセットボタンの押下回数は、ABを押されていなかった場合、46回目にカウンタがゼロにもどる。ただ、ABを押した状態でもリセットボタンの押下は全てカウントされるため、裏技としては、2コントローラのABを押下したままリセットボタンを連打するという方法も伝播している。
この裏技を紹介した『ファミリーコンピュータMagazine』(徳間書店、1985年10月号)に対し、ナムコが「掲載許諾を出していない画面を掲載した」としてクレームを入れたものの、これらの曲のうち、『風の谷のナウシカ』の楽曲版権所有者である徳間書店に無断でデータが収録されていることから、音楽著作権の侵害に当たり、形勢が逆転し不問となったというエピソードがある[9][10]
ファミコン版のROMに含まれるデータの先頭部分に、社名とプログラマの署名テキストが入っている。なお、ゲーム中では使用されていない。

評価[編集]

1998年に刊行されたゲーメストムック『ザ・ベストゲーム2』では、「エイリアンたちは単に整列しているだけでなく、なめらかな動きで攻撃してくるのが当時は非常に美しかった。インベーダーブームが去り、ゲーム界に活気がなくなりかけてきての大ヒットだけに、その業界に与えた功績は大きい」、「ラウンドが表示されるという点もプレイヤーを熱く燃えさせた。しかも単純に数字ではなく、1面ごとに赤い旗が立っていき、10面で数字付きのビックな赤旗になる。この旗をいくつ並べられるかをみんなで競い合うのが楽しかった」と紹介されている[15]
ファミリーコンピュータ版
ゲーム誌「ファミリーコンピュータMagazine」1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「シューティングの原点だ」、「さすがに古さを感じさせる、ナムコのファミコンソフト第1号。『撃つ』『かわす』の繰り返しだがそれでも、一度始めると夢中になってしまうのは、敵機の飛行アルゴリズムの面白さとゲームバランスの良さによるものだろう。現在の主流であるパワーアップ型シューティングと比べると、古さよりもむしろ新鮮さを感じる不思議なゲームでマニアのコレクションに欠かせない」と紹介されている[7]

関連作品[編集]

続編[編集]

詳細はリンク先を参照。

ギャラガ
ギャプラス
ギャラガ'88
ギャラクシアン3
コズモギャング・ザ・ビデオ
スターイクシオン

亜流・コピーなど[編集]

ライセンスを取得せずに亜流を製造した西日本販売の『ギャラクシーX』[16]ユニバーサルの『コスミックエイリアン』[17]、ライセンスを取得したものの製造許諾契約に違反し亜流を製造した日本物産の『ムーンエイリアン』[18]に対して損害賠償請求訴訟が起きた。

5種類の異なる動きをする敵を順番に倒していくゲーム。
アンドロメダSS(アイレム
中央にいる白いボスを打ち落とすため、周囲にいるザコキャラを撃ちまくる。
オズマウォーズ(新日本企画、後のSNK
スクロールしてくる多数の敵を撃破し、最後にボスキャラを倒す。ステージクリアすると燃料が補給される。
銀河帝国の逆襲(アイレム)
途中から登場する敵が、画面の下から槍で自機を突くというアイデアが目新しい。当時のゲームには珍しい漢字タイトル。
キング&バルーンナムコ
気球が襲ってきて、王様を連れ出すのを阻止する内容。砲台(兵士)は何度撃たれてもかまわないが、王様が連れ去られるとミス。
コスミックエイリアン(ユニバーサル、後のユニバーサルエンターテインメント
敵が宙返りして自陣に戻って来る。ナムコから著作権侵害で訴えられている。
THE END(コナミ、後のコナミアミューズメント
敵がパーツを拾い、ENDの文字を作ろうとする。作られたらゲームオーバー。
スパイダー(シグマ、後のKeyHolder
名前通りクモのような敵が襲ってくる。
スピーク&レスキュー(サン電子
初の「しゃべるゲーム」。UFOに連れ去られた時、ステージクリア時にしゃべるのが印象的。
スペーシアン(タイトー)
『インベーダー』基板で『ギャラクシアン』を動かした改造もの。
スペースゲリラ(大森電機)
トーチカ、横移動する敵の集団、画面上部を横切る高得点キャラなど、『インベーダー』の影響が残るゲーム。
スペースファイヤーバード任天堂
連射機能や、短時間のパワーアップ、1発では撃墜できない敵など、当時としては珍しい機能を持っていた。
トマホーク777(データイースト)
ギャラクシアンの舞台をそのまま海底と潜水艦にしたようなゲーム。
ニューヨーク・ニューヨーク、わが青春のアルカディア(シグマ)
自由の女神を背景に、UFOやしゃべるUFO守護神を倒す。「アルカディア」は背景とBGMを差し替えたもの。
フェニックス(AMSTAR、タイトーよりライセンス)、プレアデス(テーカン、後のテクモ
宇宙空間を舞台に鳥が攻撃してくる内容。BGMで「禁じられた遊び」が流れる。『プレアデス』はテーカン初のゲームで『フェニックス』の改造。
マッドライダー / ハイウェイチェイス(データイースト)
暴走族対パトカーの設定となり、カーレースの要素が組み込まれている。基板によりタイトル等が異なる。
ムーンエイリアン(日本物産
自機と面クリアの旗が異なる。前述のライセンス品のはずだったが、契約に違反するコピーゲームまで作られた。続編としてキャラが変更され、自弾が曲がって飛ぶ『ムーンエイリアンII』も存在する。また、ムーンエイリアンのアーケードフライヤー[19]にはロジャー・ディーンが描いたモータウンレーベルのコンピレーション・アルバムVol.6[20]のイラストが無断で使用されている。1980年に発行された企業案内パンフレットには日本物産のオリジナル作品として京都の製造工場とともにムーンエイリアンが写真付きで紹介されていた[21]
ムーンクレスタ(日本物産)
自機が3機編成になっていて、ステージの途中にドッキングステージが設けられている。ギャラクシアンの基板を使ったゲームであり、ギャラクシアンのゲーム背景の星空と全く同じである[22]
レーダースコープ(任天堂)
3次元に見える空間でUFOを撃つ。ROM交換で作ったのが『ドンキーコング』。
レッドUFO(ウコーエンタープライズ)
UFOが襲ってくる。『ギャラクシアン』基板の改造。

アレンジ作品[編集]

バンダイより発売のPlayStation用ソフト。ギャラクシアンの敵をSDガンダムのモビルスーツに置き換えたアレンジ作。

パロディ作品[編集]

本作のパロディが収録されたゲームも存在する。

さんまの名探偵』 - ファミリーコンピュータ、1987年4月2日発売。ミニゲーム「ギャラクシガニ」が収録されている。
超劇場版ケロロ軍曹3 天空大冒険であります!』 - ニンテンドーDS、2008年2月28日発売。ミニゲーム「ゲロクシアン」が収録されている。

その他[編集]

初代『リッジレーサー』(PlayStation)では起動時のローディング中に本作をプレイできる。ロード時間、つまりプレイ可能な時間もわずかなものであるが、この間に敵を全滅させると敵車として登場している8台のマシンが自車として選択可能になる。
FLビームギャラクシアン - バンダイLSIゲーム。1980年発売、8800円。背景に星が輝く宇宙空間で1匹から2匹のエイリアンが曲線を描いて飛来。一度撃ち逃した敵が速度を増して攻撃してくる仕様である。ちなみに、テレビCMには『じゃりン子チエ』の主人公・竹本チエと飼い猫の小鉄が登場し、ポケットインベーダーで遊んでいたチエに小鉄が「今はギャラクシアンの時代やで」と言い放っていた[23]
スーパーギャラクシアン - エポック社のLSIゲーム。1981年発売、8800円。アーケード版よりも敵数は少ないが、動きは多彩で、オリジナルの特徴でもある敵機が編隊から離れて攻撃する動きも滑らか。敵のデザインはアーケード版に忠実。ドッキングステージもある。アーケード版に近づけようと、アップライト型で独立したレバーやボタンを装備し、宇宙を連想させる丸い画面にレンズを採用した[24]
ポケットギャラクシアン - トミーポケットメイト』シリーズの一作。400円。同シリーズの「ヌギヌギゲーム」の仕様変更版であり、8つの球を打ち出し、4つある穴に狙って入れるパチンコ状のゲームである。旗艦やエイリアンを模した絵が使われているものの、"GALAXIAN"の文字は本作のロゴではなく、本体にもパッケージにもナムコのコピーライト表記はされていない。
すがやみつるのゲーム漫画『ゲームセンターあらし』にも度々登場している。なお当時の世相を反映して、あらしたち小学生はゲームセンター立ち入り禁止になっていたために、裕福な友人の家でのプレイ時が初登場であり、「夢にまで見たギャラクシアンとこんな所で会えるとは」と感激のあまり涙を流している。
仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦 - 作中にギャラクシアンガシャットが登場する。
韓国SBSで放送されたアニメ『おはよう ジャドゥちゃん』(原題:?? ???)の第1シーズンの第23話「ゲーム中毒」で、主人公のジャドゥがアーケードゲームを始める際に本作のイントロBGMが使用されている。

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2020/02/21 12:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant