サービス終了のお知らせ
キバナノクリンザクラ
▼人気記事ランキング
4.亜種・近縁種
Primula veris subsp. macrocalyx - 基本種に比べて丸みを帯びた葉に、毛の生えた大きな萼片と大きめの花を持つ[18]
Primula veris subsp. columnae - 葉は卵形で、葉裏に白い毛が生える。南ヨーロッパ〜トルコ東北部の山岳地帯に自生する[18][9]
イチゲサクラソウ(Primula vulgaris[19][20] - 別名イチゲコザクラ[21]。英名プリムローズ(primrose)[9]・イングリッシュプリムローズ[15][22]。ヨーロッパではカウスリップと並んで春を告げるサクラソウ属として知られる[12][14][20]。カウスリップ同様に、食用花やハーブとして用いられる[3]。また、エリザベス朝時代にカウスリップとの交配によって、プリムラ品種改良の起源ともなった[7]
セイタカサクラソウ(Primula elatior[23] - 英名オクスリップ(oxlip)[24]。同じくヨーロッパに普通に見られるサクラソウ属の一種。外見はカウスリップに似ているが、カウスリップの花序が茎の全周につくのに対し、オクスリップの花序は茎の一方向に集中するという点で区別できる[9](右写真参照)。カウスリップとの間に自然交雑種を生じることがある[6][25]
クリンザクラPrimula × polyantha[26] - プリムラ・ポリアンサ、ポリアンサス、ポリアンタ等の名称で販売される園芸品種。カウスリップ、プリムローズ、オクスリップ等の複数の種の交雑によって生み出された種である[7][15]
[4]前ページ
(3.2.薬用)
[6]次ページ
(5.1.春を告げる花)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/21 01:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant