キング・デイヴィッド・ホテル爆破事件
▼人気記事ランキング
1.背景
1.3.政府機関としての利用
1946年、イギリス委任統治政庁はホテルの最も南側を占有するようになった。軍の本部オフィスも南側部分の最上階と中央部分の3階、4階と最上階を利用していた[12]。軍の電話交換機は地下に設置されていた[4][5]。別館は憲兵とパレスチナ警察の捜査課が使っていた[11]

1938年の後半に客室は接収されたが、これは一時的なものになるはずだった。予定では委任統治政庁と軍総司令部のための庁舎が新たに建設されることとなっていた。しかしこれは第二次世界大戦が勃発すると中止となった。この時点でホテルの客室の3分の2以上は政府や軍のために使用されていた[4]

1946年3月、労働党に所属する国会議員リチャード・クロスマンは「私立探偵、シオニストのスパイ、アラブの王族、特派員、その他もろもろ、皆そこでお互いに盗み聞きをしていた。」と述べている[13]。セキュリティの専門家ブルース・ホフマンはホテルについて「イギリスのパレスチナ支配における中枢神経であった」と記している[14]

[4]前ページ
(1.2.ホテルの構造)
[6]次ページ
(1.4.事件前の攻撃)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/04/17 04:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/24 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位唐田えりか
 5位宍戸錠
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant