キャバクラ
▼人気記事ランキング
7.類似業種
従来から存在する業態で、ホステスが客の横に座り接客する点はキャバクラと同じだが、一般的に料金が時間制ではなく、ボトルキープが基本(料金体系が明確でない)。
リゾートキャバクラ
沖縄県宮古島のラウンジがリゾートバイトとラウンジを合わせてリゾートキャバクラと使い出した。テレビなどではリゾキャバと略されて使用されることが多い。
キャンパスクラブ(キャンパスパブ)
女子大生アルバイトホステスをしていることを売り物にする店。アルバイトクラブとも言う。キャバクラよりやや古く、1980年頃登場した。サービス内容はキャバクラと同様だが、素人風を売り物にしており、ショータイムはない。なお名古屋市周辺では「キャンパスパブ」はピンクサロンの類似業態を指す。
コスプレキャバクラ(コスプレパブ)(略称:コスキャバ、コスパブ)
ホステスがコスプレをして接待することを売り物にする店。メイド制服アニメのキャラクターなど店舗によって内容が異なる。サブカルチャーの系譜は2003年、東京の神田駅前にオープンした店が発祥であるが、セーラー服女子高生風の衣装を採用したキャバクラは1990年代から存在している。
ランジェリーパブ(略称:ランパブ)
の上にランジェリー以外は身に付けないで接待する店。但し、ホステスの体を触ることは禁止されている。その他はキャバクラとほぼ同様である。
セクシーパブ(セクキャバ、お触りキャバクラ、など)
ホステスが接客する際、裸になり、体を触ることが可能な店。但しピンクサロンとは異なり、ホステスが客の性器を刺激し射精させるサービスはない。また、一般的に店内はキャバクラよりも暗い。
ガールズバー
2006年頃より増え始めた業態。基本はショットバーで、バーテンダーウェイトレスは若い女性である。店員は常時隣席に付かないが、カウンター越しなどで会話、接客を楽しむことができる。
シングルスバー
2008年はじめ頃から増えてきた業態。独身の男女が来店し、そこで異性と自由に会話のできるバー。完全会員制であることが多く、話したい異性がいたら、その旨店舗スタッフに伝えると仲介してくれる。女性もお客であるという点がキャバクラと異なるが、店舗が募集をかけていることもある。
[4]前ページ
(6.5.他店のキャバクラ嬢に対する営業)
[6]次ページ
(8.地方での別称)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/03/12 20:02
ソ人気記事ランキング
2019/08/19 更新
 1位日本
 2位玄倉川水難事故
 3位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
 4位千と千尋の神隠し
 5位二・二六事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant