サービス終了のお知らせ
キャッチコピー
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
キャッチコピーキャッチフレーズとは、主に商品や作品の広告など、何らかの告知や宣伝に用いられ、謳い文句や煽り文句となる文章である。惹句とも呼ばれる。
1文、1行程度のものから、数行に亘る物まで形式は様々である。広告や宣伝においては、キャッチコピーで商品の印象が決まると言え、その出来如何によっては商品自体の売れ行きが大きく左右される事になるため、重要視される。職業としてキャッチコピーを創作する者をコピーライターという。
キャッチコピーは和製英語であり、英語圏ではアドヴァタイジングスローガン (: Advertising slogan) と言って[1]主に消費者に向けた商品の宣伝文句を指すものであり、キャッチフレーズ (: Catchphrase) と言う場合には特定の人物・集団が掲げる標語や、フィクションに於ける名台詞などを指す事が多い。また、後者で特定の人物の台詞の引用ではなくストーリー全体を象徴する惹句を指す場合はタグライン (: Tagline) と言う。
目次
1.コピーの構成
├1.1.キャッチコピー
├1.2.リードコピー
└1.3.ボディコピー
2.コーポレートスローガン
3.コピーライター
4.知的財産としてのキャッチコピー
├4.1.著作物としてのキャッチコピー
└4.2.商標としてのキャッチコピー
5.著名な例
├5.1.スポーツ選手へのキャッチフレーズ
├5.2.フィクションのタグライン
└5.3.フィクションのキャッチフレーズ
6.脚注
7.関連項目

1. たとえば英語版ウィキペディアのw:Advertising slogan記事上ではコピーと付く語彙はジャパニーズイングリッシュとして扱っており、印刷としてのw:Copyを主題とする曖昧さ回避ページ上では対象外となっていて、Catch Copyでは掴む・複写であり意味が通じない。

出典:Wikipedia
2017/09/09 02:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant