サービス終了のお知らせ
ガズヴィーン
▼人気記事ランキング
概要
ガズヴィーンペルシア語: ?????‎; Qazv?n、前近代ペルシア語ではカズウィーン)はイランガズヴィーン州最大の都市で州都。人口は2005年の統計で331,409人[1]

概要と歴史[編集]

ガズヴィーンイランガズヴィーン州の都市でテヘランの北西約150kmに位置する。標高は海抜約1800m、気候は冷涼乾燥。アルボルズ山脈南麓の岩がちな地帯である。

ガズヴィーンの街はペルシア帝国の歴史上重要な街であり、2000以上の考古学遺跡・歴史的建築をもつ。歴史を通じて重要な文化的中心地であり、現在でも州都を占める。

考古学的調査によれば、ガズヴィーン盆地における都市農業定住地は少なくとも9000年前にさかのぼる。古くは「カスビーン?????とも綴る「ガズヴィーン」の名は、カスピ海南部にあった古代部族「カス」の名に由来し、カスピ海の名も同様にカスに由来するものである。ガズヴィーンは地理的にはテヘランエスファハーンペルシア湾方面からカスピ海沿岸およびアナトリアを結ぶ地にあり、いずれの時代にも交通上の要衝であった。東方見聞録ではマルコ・ポーロが中国への往復に使ったとされる。13世紀当時、モンゴルのイルハン朝が治めていた。

今日ガズヴィーンとして知られる街は250年シャープール2世によって建設された「シャード・シャープール」であると考えられる。これは同地域での緊張にあたって支配強化を目的として建設された要塞である。ガズヴィーンはイランの歴史において時に中心的重要な役割を果たした地である。644年、アラブの侵入によって陥落。1090年ころにはハサニ・サッバーフイスマーイール派の分派ニザール派の中心地としてガズヴィーン近郊のアラムート城塞を定めた。都市は13世紀チンギス・ハンによって破壊されたのち、1548年サファヴィー朝1598年エスファハーンに遷都するまでガズヴィーンを都としている。両世界大戦期にはロシア軍に占領され、さらに1921年にはパフラヴィー朝の成立につながる有名なクーデタの発生地となった。

ガズヴィーンの建築[編集]

ガズヴィーンには約9000年前にさかのぼる考古学的遺跡をはじめとする諸遺跡が所在し、近郊には23にのぼるニザール派の城址が残る。さらに都市中心部には同地域に複数残るサーサーン朝の遺跡の1つ、メイムーン・ガルエがある。しかし、首都となっていたサファヴィー朝期の建築はほとんど残っていない。この時期のものとしておそらく最も有名なものは都市中央にある「アリー・カプ邸宅」で、現在では博物館となっている。

イスラームの到来以降、タサウウフ(イスラーム神秘主義)、伝承(ハディース)学、法学(フィクフ)、哲学のガズヴィーンでの隆盛は、多くのモスクマドラサを同地に残した。なかでも有名なのは以下のものである。

ヘイダリーイェ・モスク 
前イスラーム期にさかのぼる。モスクに改装される以前はゾロアスター教寺院であった。1119年の地震ののちアミール・フマルターシュによって再建。
マスジェデ・アンナビー(ソルターニー・モスク) 
サファヴィー朝期創建。古いモスクの一つで、14,000m?nの敷地を持つ。
サンジーデ・モスク 
前イスラーム期にさかのぼる。もとゾロアスター教寺院。セルジューク朝代に今日の姿になった。
パンジェ・アリー・モスク 
サファヴィー朝期に王家のハレムの人びとの礼拝所であった。
ペイガムバリーイェ学院モスク 
碑銘によると1644年創建
モッラー・ヴェルディーハーニー学院モスク 
1648年創建
サーレヒーイェ学院モスク 
1845年創建
シェイホルエスラーム学院モスク 
1903年再建
エルテファーティーイェ学院 
イルハン朝期にさかのぼる学院
サルダール学院モスク 
1815年、ホセイン・ハーン、ハサン・ハーンのサルダール兄弟の創建。イラン・ロシア戦争での戦勝と帰還の祈願誓約によるもの。 ガズヴィーンには19世紀末から20世紀初にかけてのロシア人の建築が3つ残っている。現在の市庁舎(以前はバレー劇場)、貯水施設、正教会である。教会にはロシア人が葬られている。

ピエトロ・デッラ・ヴァッレ(1588-1713)、ジャン・バティスト・タヴニエ(1605-1689)、ジャン・シャルダン(1643-1713)らの旅行家によれば、ガズヴィーンには長い間、さまざまな宗派のクリスチャンが数多く生活していたという。ガズヴィーンには聖フリプシメ教会があり、イエス・キリストの顕現を4人のユダヤ教預言者が伝えたのもこの地であると伝わる。その墓所は民間の信仰を集めて「ペイガムバリーイェ」と呼ばれている。

ガズヴィーン近郊の墓廟建築も観光地となっている。これはセルジューク朝の二人の王子、サアドの子アブー・サイード・ビージャールとタキーンの子アブー・マンスール・イルターイーの墓廟である。二つの塔にわかれており「ハラガーン双子塔」として知られている。1067年の創建で、非円錐二重のドームを用いた最初のイスラーム建築である。2003年3月の地震によって激しい損傷を受けた。

ガズヴィーン出身の有名人[編集]

ガズヴィーンに生まれ、あるいは暮らし、あるいは葬られた学者、スーフィーは実に数多い。墓廟はガズヴィーン州内各所に点在している。ただしシーア派のフサインは立派なシャーザーデ・ホセイン廟があるがガズヴィーンとの関わりはない。

言語学者でイラン最初の近代ペルシア語辞典の編纂者。父がガズヴィーン出身の地主(自身はテヘラン生まれ)。
ウバイド・ザーカーニー 
14世紀の著名な詩人。風刺的・反道徳的な詩句で有名。「鼠と猫のマスナヴィー」は政治風刺である。
ウバイス・カーラーニー 
イスラーム初期、ダイラム人との戦いの中、当地で殺害されたと考えられている。墓廟は「ソルターン・ヴェイス」。
モハンマド・アリー・ラジャーイー 
イラン・イスラム共和国の第2代大統領(1933-1981)。ガズヴィーン生まれ
ハムドゥッラー・モストウフィー 
イルハン朝の歴史家、著述家(1281-1344)。「撰史」(ターリーヘ・ゴズィーデ)、「ネズハトルゴルーブ」、「ザファル・ナーメ」などがある。廟は青緑色の円錐ドームをもち、銘はスルス体でモストウフィー家の家系と作品が記されており、ガズヴィーンの建築の中でもひときわ目立つ。
アフマド・ガザーリー 
1126年没。有名なイラン系スーフィー。シャーザーデ・ホセインのそばに葬られている。墓廟は16世紀末までには有名な巡礼地となっていた。シャー・タフマースプ1世の哲学・神秘主義への忌避によりガザーリーの墓廟は破壊されたため、ガザーリーの継承者らはエマームザーデ・エスマーイール通の現在地への移葬し新たな廟を建立した。ガージャール朝アーガー・モハンマド・シャーの時代に再び破壊され、現在のものは1910年にマジュドルエスラーム・ガズヴィーニーによって再建されたもの。この墓廟の脇には1625年のソルターン・セイイェド・モハンマド・ワーリー廟がある。
ムッラー・ハリール・イブン・ガーズィー・カズウィーニー 
1678年没。サファヴィー朝の著名なイスラーム法学者クルアーン注釈者。
シャヒード・サーレス 
1846年没。
ライーソル・モジャーヘディーン 
後のミールザー・ハサン・シェイホルエスラーム。ミールザー・マスウード・シェイホルエスラームの子。ガズヴィーンにおける立憲主義者・自由主義者の指導者。イラン立憲革命においてガージャール朝の小専制打倒への努力によりライーソル・モジャーヘディーン(闘う者の長)の称号を受けた。
イブン・マージャ 
スンナ派ハディース六書のうち最後を著した。
モハンマド・イブン・ヤフヤー 
「ガムーソル・ロガート」の注釈者
ゴッラトルエイン 
有名なバーブ教徒女性。 アリー・イブン・シャーザーン
アーレフ・ガズヴィーニー
ナッシーム・ショマール
ヘイロル・ネサージュ
イブラーヒーム・イスタンベフ・ヘラーヴィー
ラーズィーオッディーン・ターレガーニー
ヌーロッディーン・ギーリー
アリー・イブン・ガーズィー・アフマド
エマーモッディーン・ラフィーイー
スィヤーフ・コラーフ
ナースィル・タクミール・フマイユーン
アリー・イブン・シャーザーン
イブン・マジェ
ヘイロル・ネサージュ
イブラーヒーム・イスタンベフ・ヘラーヴィー
ラーズィーオッディーン・ターレガーニー
ヌーロッディーン・ギーリー
アリー・イブン・ガーズィー・アフマド
エマーモッディーン・ラフィーイー
スィヤーフ・コラーフ
ヴァーエズ・ガズヴィーニー
アッラーメ・ザラバーディー
シェイフ・アラーク・ガズヴィーニー
ダーウード・イブン・スライマーン・ガーズィー
ピーレ・セフィード
ピーレ・アーラムダール
モッラー・アブドルワッハーブ・ダーロルシャーフィイー

今日のガズヴィーン[編集]

ガズヴィーンは今日では綿織物絹織物ビロードなどの織物貿易の中心地で皮革も扱う。テヘランタブリーズを結ぶ鉄道、高速道路の経由地ともなっている。またイラン最大の発電所の一つシャヒード・ラジャーイー発電所があり、イランの電力の7%を供給している。

高等教育機関[編集]

ガズヴィーンには4つの高等教育機関がある。

イスラーム自由大学ガズヴィーン
ガズヴィーン医科大学
シャヒード・バーバーイー工科大学

関連項目[編集]

アーブ・アンバール
ガズヴィーンの有名アーブ・アンバール一覧
イランの建築
カズウィーニー

外部リンク[編集]

ガズヴィーン化学者協会
ガズヴィーン技術者ビューロー
ガズヴィーン建築技術規制委員会
ターバーン新聞 (ガズヴィーンが拠点)
セダーイェ・サナアト(ガズヴィーンの月刊経済誌)
ガズヴィーン電話帳
ガズヴィーン写真家協会
ガズヴィーン州インフォメーション・ネットワーク
ガズヴィーン観光協会
ガズヴィーン州文化遺産協会
ミール・エマード・ガズヴィーニー・ウェブサイト
ガズヴィーン・ヴィジュアルアーツ協会
ガズヴィーン書家会議
ガズヴィーン赤新月社救急隊
テビヤーン(ガズヴィーン宗教文化協会)
ガズヴィーン工業団地会社
ガズヴィーン電力会社
Google Mapsにおけるガズヴィーンの衛星写真
北緯36度16分 東経50度00分

出典:Wikipedia
2020/03/07 10:32
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant