ガイーヌ
▼人気記事ランキング
3.あらすじ
コルホーズの会長であるオヴァネスの娘である主人公ガイーヌは、地質学的な秘密を発見しようとしてソビエト軍の領地に密かに侵入しようとする不審者を捕らえる手伝いをしている。そんな中、情愛あるガイーヌは友人である若きアルメンの手伝いにやってくる。アルメンのライバルであるギコは心ならずも敵の手伝いに人生を費やす。しかし最後にはすべてが丸く収まり、バレエのフィナーレは人々の友情と、ソビエト連邦の国々を祝福して終わる。

この物語は、ソビエト連邦の集団農場のシンプルな話であり、国家が世界大戦に関わっていた1940年代の気持ちや感情を反映している。また、スパイを捕らえることや、弱くて最初は圧力に抵抗できない人々の物語でもある。しかしもちろん、これは集団農業の人々の最終的な勝利の物語でもあり、人々は問題を克服し、立派に自分たちの共同体を作り出し、その後いつまでも幸せに暮らすのである。

[4]前ページ
(2.脚本)
[6]次ページ
(3.1.登場人物)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/02/09 14:01
ソ人気記事ランキング
2019/04/20 更新
 1位日本
 2位福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件
 3位島田さくら
 4位永山則夫連続射殺事件
 5位モンキー・パンチ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant