サービス終了のお知らせ
カブレラ島
▼人気記事ランキング
2.歴史
2.2.スペイン内戦
スペイン内戦中の1936年には共和国空軍のドルニエ Do J航空機がカブレラ島の近くに墜落した。乗組員はナショナリスト派に捕えられたが、すぐにペドロ・マルケス・バルベールの命により2隻の共和国軍潜水艦がやってきて、カブレラ島にいたナショナリスト派の小規模な部隊は降伏した。ナショナリスト派将校のファクンド・フローレス・オラシュとマリアーノ・フェレール・ブラボに加えて、スニェール・マス家の3人の民間人がミノルカ島に連れられてきてマオーの港で処刑された。8月15日から9月4日にはアルベルト・バージョ大尉の部隊がマリョルカ島への上陸に失敗すると、共和国軍はカブレラ島に離れた。バージョの計画はカブレラ島に駐留していたCNTの部隊のために、マリョルカ島のすぐ南西にあるドラゴネーラ島に上陸し、着陸地点を誤ったことを偽装するというものだった。しかし無政府主義者のCNTの部隊はこの作戦を拒否し、後にマリョルカ島に渡った。クリスト港では激しい戦闘となり、部隊の残りはクリスト港に到着する前にマナコールへの入口の外側にあるサ・カバーナで殺された。
[4]前ページ
(2.1.第一次世界大戦)
[6]次ページ
(2.3.第二次世界大戦)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2016/10/29 05:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant