サービス終了のお知らせ
カナダドライ
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
カナダドライ (Canada Dry) は、ドクターペッパー・スナップル・グループが保有しているソフトドリンクのブランド[2][3]ジンジャーエールのブランドとしてよく知られており、その歴史は110年以上に及ぶ。またジンジャーエール以外にも、さまざまなソフトドリンクやミキサー(カクテルの割り材)を販売している。その名の通りカナダに起源を持つブランドであるが世界的に展開しており、2008年以来のブランド保有者であるドクターペッパー・スナップル・グループは米国テキサス州に本社を置く企業である。日本では1957年に販売が開始され、1990年以後は日本コカ・コーラが販売権を取得している。
ブランド名の「ドライ」は、「甘くない」という意味である(「ドライワイン」と同様)。1904年、ジョン・J・マクローリンが "Canada Dry Pale Ginger Ale" を生み出したとき、その新しい飲料は他のジンジャーエールよりずっと甘みの少ないものであった。そこでマクローリンは「ドライ」と命名したのである[4]
目次
1.歴史
2.日本における展開
├2.1.歴史
├2.2.かつてカナダドライ製品を販売していた企業
├2.3.日本コカ・コーラの販売製品ラインナップ
└2.4.テレビCM(日本国内)
3.脚注
4.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/06/07 20:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant