サービス終了のお知らせ
カディオ・ホトキェヴィチカップリング
▼人気記事ランキング
概要
カディオ・ホトキェヴィチカップリング(Cadiot-Chodkiewicz coupling)は、アミン塩基臭化銅(I)のような(I)触媒として、末端アルキンハロゲン化アルキンとをカップリングさせる化学反応である[1][2]。この反応によってジアルキン (ジイン)が得られる。
この反応では、銅(I)アセチリドの形成に次いでアセチレンプロトンの塩基による脱プロトンが起こる。銅を中心とした酸化的付加還元的脱離により、新しい炭素-炭素結合が生成する。
ほかにパラジウムを触媒とする手法も知られる[3]。また、アルキニル基を持つ有機金属化合物を基質とするカップリング反応も報告されている。

関連項目[編集]

グレーサー反応
薗頭カップリング

脚注[編集]

Chodkiewicz, W. Ann. Chim. Paris 1957, 2, 819-869.
Cadiot, P.; Chodkiewicz, W. In Chemistry of Acetylenes; Viehe, H. G., Ed.; Marcel Dekker: New York, 1969; pp 597-647.
Miyaura, N.; Yamada, K.; Suzuki, A. Tetrahedron Lett. 1979, 3437-3440.

1. Chodkiewicz, W. Ann. Chim. Paris 1957, 2, 819-869.
2. Cadiot, P.; Chodkiewicz, W. In Chemistry of Acetylenes; Viehe, H. G., Ed.; Marcel Dekker: New York, 1969; pp 597-647.
3. Miyaura, N.; Yamada, K.; Suzuki, A. Tetrahedron Lett. 1979, 3437-3440.

出典:Wikipedia
2017/10/22 15:03
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant