サービス終了のお知らせ
カントリー・ミュージック
▼人気記事ランキング
1.概要
1.6.人種
現在カントリー・ミュージックは、シーンの中心であるアメリカのほかに、カナダヨーロッパ日本オーストラリアでも一部のファンに人気がある。それでもファンやミュージシャンには白人系が圧倒的に多く、アメリカ南部やアパラチア発祥の音楽のため、一部では「人種差別と関係が深い音楽」と誤解されがちである。実際、戦前や少し古い時代の曲の中には人種差別的な歌詞が入ったものや、現在でもアンダーグラウンドな演奏場所では、差別用語放送禁止用語を連発する過激な歌手も一部に存在する。 しかしながら、あくまでもそれは一部の心ない人間がおこなっているものであり、カントリーは共和党系で保守的ではあっても、人種差別を目的とした音楽ではない。

現在のカントリー業界は、アメリカ音楽産業でも人気のあるジャンルであり、さらにそれを世界に少しでも広めていこうという傾向もある。したがって、カントリー歌手は、あからさまな人種差別を避けるのが一般的である。特に1970年代以降、アフロ・アメリカンのチャーリー・プライド(黒人歌手)(Charley Pride)やフィリピン系のニール・マッコイ(Neal McCoy)など有色人種のアーティストたちも第一線で活躍し、さらにバンドメンバーに目を向ければ、ヒスパニック系や黒人、アジア系も見受けられる。

[4]前ページ
(1.5.イメージ)
[6]次ページ
(1.7.保守・愛国)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/20 10:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant