サービス終了のお知らせ
カンタベリー大司教
▼人気記事ランキング
概要
カンタベリー大司教(カンタベリーだいしきょう、Archbishop of Canterbury)は、 イングランドカンタベリー大聖堂を大司教座とするローマ・カトリック教会の大司教であった。

597年、「アングロ・サクソン人たちをキリスト教に改宗すべし」というローマ教皇グレゴリウス1世の命を受けて、イングランドへやってきたカンタベリーのアウグスティヌスカンタベリーに教会を建てて布教の根拠地とし、初代カンタベリー大司教となる。

タルソスのテオドルス669年 - 690年)によって、イングランドの司教区はカンタベリー大司教座を中心に組織された。最初はベネディクト会の教会として建立されたが、16世紀半ばに修道院は解散させられ、以降はヘンリー8世の離婚問題が引き金となって創立されたプロテスタントイングランド国教会の総本山となる。

歴代カンタベリー大司教の中では、「スコラ哲学の父」と称されるアンセルムス1170年に国王ヘンリー2世との不和が原因で大聖堂内で暗殺されたトマス・ベケットヘンリー7世の経済顧問でもあったジョン・モートン英語版リチャード1世大法官を兼任して遠征で不在の国王に代わって政務を執ったヒューバード・ウォルターメアリー1世に抗して刑死したトマス・クランマーが有名である。

関連項目[編集]

カンタベリー大主教の一覧 ‐ カトリック時代のカンタベリー大司教も列挙する
カンタベリー大主教
イングランド国教会
聖公会
ヨーク大司教
カンタベリー物語
出典:Wikipedia
2020/01/27 20:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant