サービス終了のお知らせ
カルヴァン主義
▼人気記事ランキング
1.歴史的背景
1.1.進展
カルヴァン主義者はフランスではユグノーオランダではフーゼンスコットランドではプレスビテリアンと呼ばれた。

カルヴァンの実践はジュネーヴでなされたが、彼の出版物はヨーロッパの多くに改革派教会の思想を広めた。カルヴァン主義の神学教理は、スコットランドで多数派となり(ジョン・ノックスの項を参照)、オランダ、ドイツの一部と、またフランス、ハンガリーと、そこから独立してトランシルヴァニアポーランドに影響があった。

カルヴァン主義はスカンディナヴィアスウェーデンでも広まったが、1593年のウプサラの教会会議のルーテル主義によって拒絶された。

アメリカ中部大西洋とニューイングランドの多くの移住者がカルヴァン主義者であった。その中にはピューリタン、フランスのユグノー、オランダの移民を含む。

最大のカルヴァン派の教派は19世紀から20世紀の宣教師の働きによって始められた。インドネシア韓国ナイジェリアにおいて特に大きい教会を形成している。

伝統的なアングリカンは39ヶ条で告白されたカルヴァン主義の教理を持っているが、その礼拝原則を避けている。

1610年オランダ改革派ドルト会議

人間の全的堕落
無条件的選び
限定的贖罪
不可抗的恩恵
聖徒の堅忍
をカルヴァン主義の5つの特質、いわゆるドルト信仰基準として定義した。

[4]前ページ
(1.歴史的背景)
[6]次ページ
(2.神学者)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/12 11:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant