サービス終了のお知らせ
カリフ
▼人気記事ランキング
3.歴史
3.5.近代のカリフ
同年1924年、預言者ムハンマドに連なるハーシム家出身であったヒジャーズ王国の王、フサイン・イブン・アリーがカリフを名乗った。

イスラム世界で広く承認されることはなかった。
支持したのはオスマン帝国最後の皇帝メフメト6世[1]ぐらいであった。
その後はユースフ・アル=カラダーウィー[2]ら一部のイスラム主義者によりカリフ制の復活が唱えられたが、イスラム社会からは認められていない。現在、カリフ制統一国家樹立を目指す汎イスラーム主義的国際政治組織としてヒズブ・タフリールが存在する。イスラーム改革派「アフマディーヤ」は、カリフ制をとっている。

2014年には、イラクシリア両国にまたがる地域を掌握した過激派組織ISILが、支配地域における国家としての独立と、指導者のアブー・バクル・アル=バグダーディーのカリフ即位を宣言した。
この即位について、現時点ではイスラム社会を含め国際社会で承認する動きはない。
上記のカラダーウィーも、今回のISILによるカリフ即位宣言は無効であると表明している[2]
[4]前ページ
(3.4.最後のカリフ)
[6]次ページ
(4.脚注)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/12 16:10
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant