サービス終了のお知らせ
カリフ
▼人気記事ランキング
3.歴史
3.1.初期のカリフ
西暦632年にムハンマドが死去した後、イスラーム共同体の指導者としてアブー・バクルが選出され「使徒代理人」(ハリーファ・ラスール・アッラーフ)を称したことに始まる。

2代目のカリフとなったウマルは「信徒たちの長」(アミール・アル=ムウミニーン)という称号を採用し、カリフの称号とともに用いられるようになった。

その後、ウスマーンアリーに受け継がれ、ウマイヤ朝アッバース朝に世襲されてゆく過程でハワーリジュ派シーア派などがカリフの権威を否定して分派し、従うのはスンナ派のみになった。

[4]前ページ
(2.カリフの条件)
[6]次ページ
(3.2.カリフの失墜)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/12 16:10
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant