カラノス (ピリッポス2世の子)
▼人気記事ランキング
概要
カラノス(希:Κ?ρανο?、ラテン語転記:Karanos、? - 紀元前336年)はマケドニア王国の王族で、マケドニア王ピリッポス2世とその7番目の妻クレオパトラ・エウリュディケとの子である。

紀元前336年にピリッポス2世が暗殺され、カラノスの腹違いの兄弟のアレクサンドロス3世が即位した。即位直後、アレクサンドロスはカラノスが王位を脅かす競争相手になると考え、彼を処刑した[1]

[編集]

参考文献[編集]

ポンペイウス・トログス著、ユニアヌス・ユスティヌス抄録、合阪学訳、『地中海世界史』、京都大学学術出版会、1998年
出典:Wikipedia
2018/11/07 00:02
ソ人気記事ランキング
2020/01/22 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位菊池桃子
 4位新潟少女監禁事件
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant