サービス終了のお知らせ
カメルーン
▼人気記事ランキング
2.歴史
2.1.独立前
カメルーン内の遺跡からは約8000年前の歴史までさかのぼることができる。カメルーンの先住民バカ・ピグミーである。バントゥー系民族はカメルーン高地に起源を持つが、他民族による侵入が行われる前に別の土地に移動している。

1470年12月ポルトガル人がカメルーンに到達したが、拠点を築くことはなかった。

1806年にイスラム系諸王国の支配下に置かれた。1870年代になると、ヨーロッパ列強に数え上げられるようになったドイツ帝国が、アフリカ分割を背景に沿岸部の都市ドゥアラを中心に入植を開始した。1884年にはドイツ保護領カメルーンが成立した(ドイツ植民地帝国)。1911年、ドイツは第二次モロッコ事件の代償としてフランスから国境付近を中心とした新カメルーンの譲渡を受け、カメルーンの領土は拡大したものの、第一次世界大戦後には新カメルーンは再び隣接するフランスの各植民地の領域へと戻った。

第一次世界大戦でドイツが敗れたあと、1918年のヴェルサイユ条約の規定により、1922年に北西部がイギリスの「イギリス領カメルーン」(西カメルーンとも。現在の北西州南西州およびナイジェリア領アダマワ州タラバ州からなる)、東南部がフランスフランス領カメルーン(東カメルーン)として委任統治領となる。第二次世界大戦中には、ドゴール自由フランスの拠点のひとつとなった。二次大戦後、1946年には信託統治領となり、1957年にフランス領カメルーンには自治が認められた。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/03/22 07:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant