サービス終了のお知らせ
カムコーダ
▼人気記事ランキング
3.カムコーダの歴史
3.2.放送用・業務用カムコーダ「ベータカム」の登場(1982年)
1982年(昭和57年)に、放送用規格のベータカムが発表された(BVW-1[6])。スタイルは肩乗せ式でENGカメラと呼ばれるようになる。このあとしばらく、カムコーダは「肩乗せ式」が主流のまま経過することになる。肩乗せ式のスタイルが採用された理由は、当時はそれ以上の小型化ができなかったというものであったが、撮影された映像の安定性(ブレの低減)などの副次的なメリットももたらし、カムコーダのひとつの典型を形作ることになる。ベータカムは、当初は基本的に放送用のカムコーダ規格として開発されたものであった。それまでは「ビデオデッキはビデオエンジニアが持つもの」とされてきたのに対し、ベータカムのカムコーダは「ビデオデッキもカメラマンが持つもの」とされ、重量もかさんだことから、当初カメラマンには歓迎されなかった。しかしカメラマンとビデオエンジニアがケーブルでつながれているという制約がなくなり、現場の取材のフットワークの改善には劇的な効果をもたらしたことから、瞬く間にベータカムはENG取材の主力機にのしあがった。

ベータカムフォーマットは、1987年(昭和62年)にハイバンド化により画質を改善したベータカムSPへ、更に1993年(平成5年)にはデジタルベータカムへと発展し、2000年代以降にハイビジョンが一般化するまで最前線で活躍した。

[4]前ページ
(3.1.試作カムコーダの登場(1980年))
[6]次ページ
(3.3.ベータマックス・カムコーダ「ベータムービー」の登場(1983年))
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/18 10:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant